自己破産のノウハウを自分のものにする

> >

 

失踪した方が借金の問題を簡単に解決できる?いや、実際は違う。

 

自己破産

失踪した方が借金の問題を簡単に解決できる?

 

自己破産

いいえ。失踪することは賢明な選択とは言えません。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

失踪すると目の前の責任から逃げられるから、一時的には楽が出来ると思ってしまうね!だけどそれは本当に一時的で、錯覚に等しいよ!麻薬をやるのと同じかもしれない。詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

目次

 

  • 1:借金をしても失踪・蒸発する必要はない

  • 2:そもそもなぜ失踪をする必要があるのか
  •  2-1:債務整理というものを知らないから
  •  2-2:金融会社の借金を返さないとヤクザに殺されると思っているから
  •  2-3:自己破産なんかしたら人生は終わりだと思っているから
  •  2-4:失踪した方が問題をに解決できると思っているから
  •  

    自己破産

     

     

    借金をしても失踪・蒸発する必要はない

     

    借金をしても失踪・蒸発する必要はありません。しかし、そう言ってもしてしまうのが人間ですね。守れと言われたことを守れないんです。それはこの複雑な心をもって生まれた人間の性であると言えるのかもしれません。

     

    自己破産

     

    状況にもよりますね。失踪して状況が間違いなく良くなるということであれば、疾走してもいいかもしれません。ですが、何の知識も入れず、またその知識の正確性もなく、自分の勝手な判断で、あるいは無知な人、悪意のある人に吹き込まれた情報を鵜呑みにし、失踪してしまうということであれば、それは間違った選択肢を選んでいることになります。

     

    もう、借金をしても失踪・蒸発する必要はありません。と冒頭で言っていますからね。それが事実なのですが、(そうはいっても事情が事情だよ)とか、無限に言い分があるわけですから、人間というものは厄介な生き物です。

     

     

    自己破産

    失踪する選択肢を選んだ理由が、完全に自分のオリジナルな、つまり独断でやった場合、まず考えるべきなのは『それが正解なのかどうか』だね!知識のない人の独断は、往々にして間違ってることが多いよ!

    ぴよぴよ(たしかに)!

     

     

    この章のまとめ
  • 借金をしても失踪・蒸発する必要はない。
  •  

     

    そもそもなぜ失踪をする必要があるのか

     

    まず、『なぜ疾走をする必要があるのか』ということですよね。

     

    疾走を考えてしまう理由
  • 債務整理というものを知らないから
  • 金融会社の借金を返さないとヤクザに殺されると思っているから
  • 自己破産なんかしたら人生は終わりだと思っているから
  • 失踪した方が問題を簡単に解決できると思っているから
  •  

    とか、このような理由でそうしているのかもしれません。だとしたら、一言で『無知』と言うしかありませんね。まるで、子供がコンビニやスーパーのおもちゃを『気に入った』からといって勝手に持っていこうとするのと同じです。彼らもまた、『無知』であるがゆえに、その行為が『万引き(窃盗)』であるということに気づいていません。

     

    『無知』と言われれば腹が立つかもしれませんが、それこそが『無知』である証拠です。何しろ私も無知ですからね。というか、全ての人は無知なのです。

     

    ソクラテスは言いました。

     

    自分が無知であることを知っている。そういう人のことを『知者』と言うのです。もし、10か国語を喋れる人がいたとしましょう。ヴァイオリンも弾ける。

     

    自己破産

     

    しかし、

     

  • ピアノが弾けない
  • その他の言語は喋れない
  • 船を作れない
  • 溶接が出来ない
  • 建築設計が出来ない
  • スポーツが出来ない
  •  

    とした場合、そこにいるのは無知者でしょうか。それとも知者でしょうか。

     

    答えは、『どっちみち誰も知者ではない』です。

     

    自己破産

     

    10か国語を喋れても、ヴァイオリンを弾けても、『完璧』ではないでしょう。喋れたところで、その国の文化や思想、歴史などを全て把握しているかどうか。あるいは、言葉をきちんと使いこなし、そしてその言葉で最善の結果を生み出しているかどうかが問われます。それが出来ないのに『知者』ということにはなりません。

     

    ヴァイオリンも同じ考え方です。完璧だと自負する人間に、完璧な人間はいません。

     

    日本の画家、葛飾北斎は言いました。

     

    彼ほどの天才的な画家が、人生の黄昏時にいる頃、『まだ完璧ではない』と考えていたのです。それなのに、本当に自分は完璧な人間だと言えるのでしょうか。

     

    ですから、『無知』と言われること、自分で言うことに関して、腹を立ててはいけません。むしろ、それは『自分にはまだ伸びしろがある』と肯定していることに等しい。喜ぶべきなんですね。

     

    自分にはまだ伸びしろがある。それはつまり、『選択肢がある』ということにもなります。では、先ほど挙げた選択肢を一つ一つ見ていきましょう。

     

     

    債務整理というものを知らないから

     

    まず考えるのはこれですね。そもそも、債務整理を知らなかった。債務整理は、

     

  • 任意整理
  • 民事再生(個人再生)
  • 特定調停
  • 過払い金請求
  • 自己破産
  •  

    自己破産

     

    と5つの選択肢があります。つまり、今抱えている借金が、もしこの債務整理によって解決する場合は、疾走などする必要がなく、借金問題を解決することが出来るのです。

     

    債務整理の無料相談はこちら

     

     

    金融会社の借金を返さないとヤクザに殺されると思っているから

     

    これも無知ですね。完全に漫画の読み過ぎです。全ての金融会社のバックにヤクザがいるということはあり得ませんからね。だとしたら国は相当な馬鹿ということですからね。テレビCMもガンガン放送させているわけです。その実態、大元がヤクザだとわかっているのにそれを認めていたら、

     

  • テレビ局
  • 警察
  • 国家
  •  

    これはもう世界最低の国家の烙印を押されることになりますね。下手したら戦争を起こしているような国と同レベルですねこんなもの。暴力団の資金稼ぎに国中が協力しているわけですから。やっていることは過激なテロリストと同じです。

     

    自己破産

     

    ということで、金融会社の借金を返せなかったところで、ヤクザに殺されるということはありません。ただし相手が実際に、

     

  • 闇金融
  • 暴力団
  •  

    であった場合は別ですね。これはもう、『そのもの』ですから。殺されるかどうかはさておき、それくらいのギリギリのところまで追い込まれることはあるかもしれません。彼らの中には『アウトロー(法律の外)』で生きることを生きがいとしている人もいますから、 外に出ないまでもそのギリギリのところで行動することは、彼らにとっては何でもないことだったりしますからね。

     

    自己破産

     

    しかし、それも失踪をするよりは、弁護士に依頼して、正当な手続きを踏んでしまった方が賢明と言えるでしょう。そういう時のために弁護士事務所はありますからね。もちろんピンキリですが、良い弁護士事務所に出逢えれば、問題は解決する場合がほとんどです。

     

    よっぽど彼らに恨みを買うようなことをしなければ、その後も普通に生活をすることができるでしょう。

     

     

    自己破産なんかしたら人生は終わりだと思っているから

     

    債務整理は知っている。自己破産も知っている。でも、自己破産をしたら人生が終わりだと思ってしまっている場合も、『無知』ですね。違うわけですから。何をもって『終わり』だと考えているかにもよりますが、そういう人はもしかしたら、

     

  • 浪人したら終わり
  • 逮捕されたら終わり
  • 重病を患ったら終わり
  • ホームレスになったら終わり
  • 会社が倒産したら終わり
  • 離婚したら終わり
  • 失業したら終わり
  • 家族が死んでしまったら終わり
  •  

    などという発想を持っているのかもしれません。しかし、浪人をしても次の年に合格する人がいます。また海外では、むしろ『理解が追い付いていない子供を浪人させずに進級させるのはかわいそうだ』という考え方があります。

     

    逮捕されても、それが誤認逮捕ということがあります。また、逮捕された後も更生して人生をやり直した人が大勢います。重病を患っても、退院して元通りの生活をする人がいます。また、手足を切断することになっても、パラリンピック等の様々な舞台で活躍する人がいます。

     

    自己破産

     

    ホームレスになっても、60歳から会社を興して年商100億円の会社の創業者になった人もいます。会社が倒産しても、また新しい会社を興して復活した人がいます。

     

    自己破産

     

    離婚しても大活躍している芸能人がいます。その人は都内の一等地に住んで、芸能界一のお金持ちと言っても過言ではないかもしれません。失業したって違う会社、あるいは違う舞台で活躍した人もいます。

     

    家族が死んでしまった場合でも、そこから『命の尊さ』を学んで、自分の人生の糧にすることができます。事実、私はそうしました。

     

    つまり、自己破産をしても『終わりではない』んですね。実際に、自己破産は『終わった人のための制度』ではなく、『支払不能に陥った人の救済措置』です。ですから、甘んじてこの制度を受け入れ、人生をやり直すことができるのです。

     

     

    失踪した方が問題をに解決できると思っているから

     

    失踪すると、

     

  • 住民票
  • 税金
  • クレジットカード
  • 免許証
  • 携帯電話
  • 仕事
  • 住居
  •  

    自己破産

    などの問題が浮上してくることになります。一体いつまで、何のために疾走をするかはわかりませんが、一日も早く自分が取っている行動が『現実逃避』だということに気づいて、考えを改めることが大事です。

     

    私は失踪をする人の気持ちがよくわかります。私も、逃げ出したことがあります。家出もしました。家庭内に、複雑な宗教問題があったんですね。両親は、断固としてその信仰を変えることはないという態度を貫きました。しかし、私はキリスト教徒にはなれなかったんですね。

     

    もちろん、仏教徒にもムスリムにもなれなかった。無宗教だったんです。しかし、そうすると家庭内に不和、軋轢が生じます。そして、半ば現実逃避的に、家出をしました。中学2年生のときに、2週間以上です。それは失踪ですよね。公園で野宿をしようと昼寝をしていると、目を開けると母親がいて、

     

    もう帰ろうよ。

     

    と言いましたが、私はそれを突っぱねて、家出を続けました。

     

    自己破産

     

    その後、更に大きな逃走もしました。それは書けないのですが、私は失踪をする人の気持ちをよくわかっているつもりです。更に私の周りにいた知人が、とてつもなく大きな『失踪』をしている事実もあります。それは大きすぎる話の為、とても書くことはできません。

     

    彼は整形をしているのか、もう死んだのか、どうやって生活しているのか、未だに情報は入っていません。というか、情報を追いかけていません。もうほとんど縁が切れているような人ですからね。

     

    私はこのようにして、失踪をする人の気持ちがわかります。しかし、それでも結局はそれは現実逃避だ。逃避をしても現実は変わることはないんです。

     

    長嶋茂雄は言いました。

     

    これを長嶋茂雄が野球の場面で言ったのかそうじゃないかは関係ありません。この言葉は今回のテーマを考えるときに、ピッタリ当てはまるのです。

     

    逃げていても問題は解決しません。表層上だけ解決したと思っても、心底にその問題が生んだ歪みが渦巻いている。そしてその歪みはいつか違う形で表面化され、自分の人生の足を引っ張るでしょう。

     

    我々は、たった一度の人生を生きているのです。

     

     

    自己破産

    失踪するということは現実的ではないし、全く合理的ではありません。しかし、それをしてしまうということは、それだけ現在の自分が支離滅裂な状態にあるということ。そんな人の判断に任せず、まともな意見を取り入れよう!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 無知の知を知る。
  • 人が疾走する理由は以下の通りである。
  •  

  • 債務整理というものを知らないから
  • 金融会社の借金を返さないとヤクザに殺されると思っているから
  • 自己破産なんかしたら人生は終わりだと思っているから
  • 失踪した方が問題を簡単に解決できると思っているから
  •  

     

     

    街角法律相談所 無料借金減額シミュレーター相談申込

     

    街角法律相談所

     

    全国対応。無料相談。匿名相談可能。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

    無料借金減額シミューレーターで全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出し、各社の減額見積もりをサイト上で確認します。

     

    シミューレーター利用者には個々にID/PASSを付与し、マイページにて各事務所とのメッセージのやり取りを含めて自身に最も最適と思われる事務所を選ぶことができます。

     

    エリアに関係なく全国の相談を受け付けており、無料で減額の見積もりを複数社から受け取れるので、サイト訪問者の相談利用は高確率で見込めます。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

     

    岡田法律事務所・債務整理の身近な窓口【弁護士法人:東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)】

     

    岡田法律事務所

     

    全国対応。無料相談。初期費用0円。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

    借金解決は専門家へ。借金返済や債務整理などは一人で悩んでいてもなかなか答えが見つかりません。

     

    法律的にどのような対応できるかは個人ではなかなかわかりません。一人で抱え込むより法律のプロに相談しましょう。メールでお問い合わせが出来ます。返済計画や過払い金の対処など迅速かつ親身に岡田法律事務所では対応致します。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

     

    アルスタ司法書士事務所 債務整理の無料相談窓口【任意整理ステーション】無料

     

    ヤミ金レスキュー

     

    女性専用。全国対応。無料相談。365日24時間相談受付。後払い分割払い可能。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

    既に一案件出させて頂いているウイズユー司法書士事務所が完全女性スタッフ対応の窓口を新しく設置しました。

     

    社会情勢上、生活のために闇金からの借入れをしてしまい悩んでいる女性も少なくありません。そんな女性に特化した闇金窓口が存在していませんが、女性の需要が高い状況です。女性専用というところが安心ですね。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    関連記事

    診断

    借金の督促電話や郵送による催促の対応方法の一つは、自己破産。

     

    診断

    自己破産をしないで借金問題を解決する方法はある?

     

    診断

    無職やフリーターの人も自己破産できる?というかむしろ向いているって本当?

     

    診断

    アルバイトやパート(非正規雇用者)も自己破産できる?

     

    診断

    借金の借入(返済)期間が短い場合でも自己破産が出来る?

     

    ↑ PAGE TOP