自己破産のノウハウを自分のものにする

> >

 

自己破産をする決意をした経緯は、人によって違う。

 

自己破産

人はどういった経緯で自己破産をしようと思うの?

 

自己破産

自己破産をする決意をした経緯は、人によって違います。例えば、その他の債務整理で解決しなかった場合でもそういう判断になります。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

自己破産をすることを決意する経緯が違うのは当たり前だね!人生色々!十人十色!多様性があるこの世の中で、何が起きてもおかしくはないね!

ぴよぴよ(たしかに)!

 

 

目次

 

  • 1:自己破産をする理由は支払不能に陥ったから
  • 2:任意整理で債権者が納得しなかったとき
  • 3:個人再生で解決しなかったとき
  • 4:様々な理由で人は借金を負う
  • 5:自殺か自己破産かという選択肢を突きつけられたら
  •  

    自己破産

     

     

    自己破産をする理由は支払不能に陥ったから

     

    自己破産をする決意をした経緯は、人によって違います。しかし、唯一共通していることがあります。それは、『支払い不能に陥った』ということです。

     

    自己破産

     

    結局はこれで共通しています。どんな流れでそうなるにせよ、支払い不能に陥らなければ、自己破産をすることはないですからね。

     

     

    任意整理で債権者が納得しなかったとき

     

    また、債務整理には、

     

  • 任意整理
  • 民事再生(個人再生)
  • 特定調停
  • 過払い金請求
  • 自己破産
  •  

    自己破産

     

    とありますが、その自己破産以外の債務整理でも、解決しないと判断された。そのような経緯があって、自己破産を選択するわけですね。

     

    ここで言う『解決しない』というのは、それらの債務整理で債権者が納得しない、という状況なども当てはまります。任意整理や特定調停は、債務者が特定した債権者と『交渉』をして、その交渉の中で返済額や金利の折り合いをつける債務整理です。

     

    しかし、その時に債権者が交渉で納得しないという事態になれば、これは最終的には自己破産を視野に入れることになります。

     

    債務整理の無料相談はこちら

     

     

    自己破産

    まずは任意整理を考えるね!それが一番難易度が低いというか、手を付けやすい債務整理だから。その後に、個人再生→自己破産って感じだね!重さ的に!

    ぴよぴよ(任意整理→個人再生→自己破産)!

     

     

    この章のまとめ
  • 自己破産者の唯一共通していることは『支払い不能に陥った』ということ。
  • 任意整理でダメだった場合は、自己破産を決意するタイミング。
  •  

     

    個人再生で解決しなかったとき

     

    また、不動産や自動車を残しておきたいと考え、個人再生を選択して、

     

    個人再生

    負債額が5,000万円を超えない場合で、不動産や自動車などの高価な資産を手放すことなく債務整理をしたい人、あるいは自己破産の制限業種に該当したり、自己破産しても免責を得られる可能性がない人でに適した債務整理。許可を受けたら、確定した月の翌月末日から計画に基づいて原則3年で返済していくことになる。

     

    債務総額が『1,000万円』だった場合、下記を見てわかる通り、

     

     

    住宅ローンを除く借金総額が5000万円を超えない個人再生の場合の返済額についての下限額

     

  • 債務総額が100万円未満の場合:債務総額
  • 債務総額が100万円以上500万円以下の場合:100万円
  • 債務総額が500万円を超え1500万円以下の場合:5分の1
  • 債務総額が1500万円を超え3000万円以下の場合:10分の1
  •  

    1,000万円の5分の1=200万円

     

    200万円を3年で支払う、つまり

     

    200万円÷36(ヵ月)=55,555円

     

    で、毎月約6万円の支払いをすることになったとします。

     

    しかし、実際にそれで生活してみると、毎月6万円の支払いが3年続くと思うとやっぱりちょっと辛い、として実感したとき、それも自己破産を決意するタイミングとなるかもしれません。

     

     

    自己破産

    任意整理の次に考えるのは個人再生。個人再生は条件があるから、任意整理よりは少し敷居が高いというか、大げさな整理になるね!でも、これでも自己破産よりはまだ負担は軽いんだ!

    ぴよぴよ(毎月6万を3年間は、結構きついっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 個人再生でダメだった場合は、自己破産を決意するタイミング。
  •  

     

    様々な理由で人は借金を負う

     

    更に、

     

  • どう考えても自分の収入をはるかに超えた借金を背負った
  • その借金の返済をする為には新たな借金が必要
  • 自分の財産を処分しても完済できそうもない
  • 助けてくれる家族や知人がいない
  • このまま生活を続けていても大きな収入を期待できない
  •  

    等の状況に当てはまれば、それもまた自己破産を選択することを余儀なくされることになります。

     

    借金を負う理由
  • 友人の保証人になった
  • 知人の話を信じてしまった
  • 詐欺師に騙された
  • 会社が倒産した
  • 多重債務者になってしまった
  • 多額の慰謝料や損害賠償を支払うことになった
  • 酒谷ギャンブルや遊び、衝動買いに使った
  • キャバクラやホストに使った
  •  

    自己破産

     

    人の数だけお金の使い方はあります。また、『支払い不能に陥らなければ、自己破産をすることはない』と言いましたが、むしろ、『支払い不能に陥らなければ、自己破産はできない』わけです。

     

    破産法第1条にはこうあります。

    この法律は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の清算に関する手続を定めること等により、債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする。※破産法(第一条)

     

    続いて、破産法第2条11項にはこうあります。

    11  この法律において「支払不能」とは、債務者が、支払能力を欠くために、その債務のうち弁済期にあるものにつき、一般的かつ継続的に弁済することができない状態をいう。※破産法(第二条 十一)

     

    自己破産とは、『いくら借金をすればできる』という制度ではなく、『本人が支払い不能に陥れば受けられる』制度なのです。

     

    ですから、人が支払い不能に陥る経緯は、人の数だけありますし、『支払い不能に陥った人がいれば、それは自己破産をするべき状況にある』、と判断できるというわけですね。

     

     

    自己破産

    どんな理由にせよ、借金を負ったら返さなければいけないからね!入口はたくさんあるけど、結局は借金を負って、支払不能になれば、誰だって自己破産を余儀なくされるんだね!

    ぴよぴよ(人生色々、十人十色)!

     

     

    この章のまとめ
  • 人が支払い不能に陥る経緯は、人の数だけある。
  • 支払い不能に陥らなければ、自己破産はできない。
  •  

     

    自殺か自己破産かという選択肢を突きつけられたら

     

    そして最後に言えるのは、

     

  • 自殺する
  • 自己破産をする
  •  

    という選択肢に悩んでいる人がいるなら、それは迷わず『自己破産をする』ことを選択すべきですね。まさにその時こそが、自己破産を決意するタイミングです。

     

    生きていればまた何度でもやり直せます。惨めな生活を強いられると思っても、途上国の人々に目を向ければ、6畳の家に家族12人で暮らし、排泄物が外にある川に直接垂れ流しになり、食べ物には虫が止まっていることが当たり前で、ゴミ山をあさってわずかな生活費を稼ぐ人がいるのです。

     

    見るべきなのは以下の記事です。

     

    黄金律

    足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

     

     

    借金を理由に死を選ぶことは、必死に生きようとしている人に対する冒涜であり、自分の人生への冒涜でもあります。自己破産をしても、人生のすべてを失うわけではありません。それどころか、肩の荷が下り、そで生まれる精神的余裕から、心を入れ換えることができることでしょう。

     

    うつ病も借金も、まずはその『重い荷物』を下ろすことから全てが始まります。そしてそれは決して、『命を絶つ』ということではない。私なども深夜になればなるほど余計な感情に支配されますが、朝になれば脳が睡眠中に余計な情報を整理し、すっきりしています。

     

    同じように、うつ病も借金も、一つずつその重荷を整理していけば、必ず状態は良くなるのです。

     

    たかが自己破産だ。

     

    それくらいの気持ちで取り組んで、前向きに残りの人生を生きていきましょう。もちろん、きちんと教訓を得ることが条件ですよね。

     

     

    自己破産

    死んだら終わり、生きていればまた何度でもやり直せる!そして、何をしたって人はいずれ必ず死ぬ!それが全てさ!

    ぴよぴよ(うーむ、深いっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 自殺か自己破産かという選択肢を突きつけられたら、それは迷わず『自己破産をする』ことを選択すべき。
  •  

     

     

    街角法律相談所 無料借金減額シミュレーター相談申込

     

    街角法律相談所

     

    全国対応。無料相談。匿名相談可能。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

    無料借金減額シミューレーターで全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出し、各社の減額見積もりをサイト上で確認します。

     

    シミューレーター利用者には個々にID/PASSを付与し、マイページにて各事務所とのメッセージのやり取りを含めて自身に最も最適と思われる事務所を選ぶことができます。

     

    エリアに関係なく全国の相談を受け付けており、無料で減額の見積もりを複数社から受け取れるので、サイト訪問者の相談利用は高確率で見込めます。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

     

    岡田法律事務所・債務整理の身近な窓口【弁護士法人:東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)】

     

    岡田法律事務所

     

    全国対応。無料相談。初期費用0円。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

    借金解決は専門家へ。借金返済や債務整理などは一人で悩んでいてもなかなか答えが見つかりません。

     

    法律的にどのような対応できるかは個人ではなかなかわかりません。一人で抱え込むより法律のプロに相談しましょう。メールでお問い合わせが出来ます。返済計画や過払い金の対処など迅速かつ親身に岡田法律事務所では対応致します。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

     

    アルスタ司法書士事務所 債務整理の無料相談窓口【任意整理ステーション】無料

     

    ヤミ金レスキュー

     

    女性専用。全国対応。無料相談。365日24時間相談受付。後払い分割払い可能。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

    既に一案件出させて頂いているウイズユー司法書士事務所が完全女性スタッフ対応の窓口を新しく設置しました。

     

    社会情勢上、生活のために闇金からの借入れをしてしまい悩んでいる女性も少なくありません。そんな女性に特化した闇金窓口が存在していませんが、女性の需要が高い状況です。女性専用というところが安心ですね。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    関連記事

    診断

    借金の督促電話や郵送による催促の対応方法の一つは、自己破産。

     

    診断

    自己破産をしないで借金問題を解決する方法はある?

     

    診断

    会社が黒字でも自己破産できる理由は、黒字なのに倒産する、赤字なのに倒産しないことを考えるとわかる!

     

    診断

    自己破産が向いている人、向いていない人。

     

    診断

    失踪した方が借金の問題を簡単に解決できる?いや、実際は違う。

     

     

    お金に関するその他の情報

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP