自己破産のノウハウを自分のものにする

> >

 

自己破産をする前に自宅を任意売却した方がいい?

 

自己破産

自己破産をする前に自宅を任意売却した方がいい?

 

自己破産

住宅ローンが残っている不動産がある場合は任意売却した方がメリットが大きいと言えます。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

不動産を持っている場合は、任意売却をするタイミングについて迷う人がいるね!自己破産をするときにどうせ処分することになるけど、任意売却のタイミングについて詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

目次

 

  • 1:『負債』と『資産』の考え方

  • 2:住宅ローンが残っている不動産がある場合は任意売却すべし
  •  2-1:ローンが残っている場合は自己破産で清算される
  •  2-2:自己破産の前に任意売却すれば借金がなくなるかも
  •  2-3:偏頗弁済にはならない

  •  

    自己破産

     

     

    『負債』と『資産』の考え方

     

    住宅ローンを抱えている場合、不動産は『負債』です。『資産』であれば、その不動産が『お金を稼ぐ不動産』でなければなりません。ビルやマンションなどのオーナーであれば、そこに住む人たちからの家賃収入を得られますから、それは『資産』ですね。

     

    自己破産

     

    ですが、ただ自分たちが住むだけの居住であり、そのローンを支払わなければらならないのであれば、それは『負債』です。

     

    自己破産

     

    そのあたりのファイナンシャルインテリジェンス(金融的な知識)は、『金持ち父さん貧乏父さん』を読んで学ぶのがいいでしょう。

     

     

    任意売却とは、

    『ローンの支払いが滞っている不動産を、競売とは異なった実勢の市場取引において売却し、その売ったお金を却金を残ローン返済に充てる手続き』

     

    のことです。しかし、不動産に住宅ローン債権者などの抵当権者がついている場合は、その人たちにきちんと話をしてからの売却となります。またこの場合、『ローンが残っている負債』だったわけですから、それを売却してもマイナスにしかならない場合もあるので注意が必要です。

     

     

    この章のまとめ
  • 『負債』と『資産』の違いを理解する。
  • 任意売却とは、『ローンの支払いが滞っている不動産を、競売とは異なった実勢の市場取引において売却し、その売ったお金を却金を残ローン返済に充てる手続き』。
  • 不動産に住宅ローン債権者などの抵当権者がついている場合は、その人たちにきちんと話をしてからの売却となる。
  • 売却してもマイナスにしかならない場合もある。
  •  

     

    住宅ローンが残っている不動産がある場合は任意売却すべし

     

    さて、住宅ローンが残っている不動産がある場合、自己破産をする前に、それを任意売却をした方がいいか、それとも後の方がいいか。答えは、

     

    自己破産の前に任意売却した方がいい

     

    自己破産

     

    です。そうすれば、自己破産の取扱が『同時廃止事件』となります。

     

    自己破産

     

    おさらいしましょう。

     

  • 処分する財産がある場合=管財事件
  • 処分する財産がない場合=同時廃止事件
  •  

    自己破産

     

    そして、管財事件となると、その手数料や終了するまでの期間に大きなロスが出ます。圧倒的に同時廃止事件として処理した方が、メリットがあります。管財事件は予納金だけで50万円かかりますし、期間も半年~1年かかります。同時廃止事件なら、1万~5万円で済みますからね。期間も3~4か月です。

     

    それに、どの道管財事件として扱うことになっても、不動産は『強制競売』となってしまいます。競売にかけられて、不動産を売られてしまうんですね。どうせ売るわけですから、強制的ではなく、自主的にした方がいいし、それにかかるお金も、時間も、また、余計なお金も時間も、かからない方がいいに決まってますからね。

     

    また、任意売却の方が、競売にかけるよりも不動産を割高で売却できる、というメリットもあります。競売では市場価格の7割程度でしか不動産を売却出来ない、という特徴があります。どうせ売るなら少しでも高く売れた方がいいですからね。

     

  • 競売<任意売却
  •  

    天秤

     

    です。

     

    債務整理の無料相談はこちら

     

     

    ローンが残っている場合は自己破産で清算される

     

    そして、前述したように、この場合で任意売却する不動産は、『ローンが残っている負債』だったわけですから、それを売却してもマイナスにしかならないことがあります。自己破産前に任意売却すれば、それもはっきりします。そして、マイナスにしかならなかった場合、その後の自己破産で、それが清算されてゼロになるので、そうした方が賢明だと言えるわけですね。

     

    自己破産

     

     

    自己破産の前に任意売却すれば借金がなくなるかも

     

    更に、『自己破産の前に任意売却する』ことによって、もしかしたら自己破産をしなくてもよくなるかもしれません。競売よりも高く売れる任意売却ですから、それで残債が完済できることもあり得るわけですね。これも、『自己破産の前に任意売却する』ことが勧められる理由の一つです。

     

     

    偏頗弁済にはならない

     

    また、『自己破産の前に任意売却する』行為が『偏波弁済(へんぱべんさい)』に当たり、そうすると自己破産の免責が下りないという心配は、する必要はありません。おさらいしましょう。偏波弁済とは、『特定の人だけに借金を返す。えこひいきみたいなもの』です。

     

    自己破産

     

    複数の債権者がいて自己破産をするときは、偏波弁済は認められません。偏っていて、公正・平等ではない行動を取ると、大きなトラブルに発展するからです。

     

    この『自己破産の前に任意売却する』行為によって、確かにこの不動産の抵当権者にその売却したお金が支払われます。しかし、それどの道、管財事件となって強制競売になったときでも、同じようにその抵当権者たちに支払われました。つまり、

     

    A、B、C、D、E、Fさんの5人がいて、そのうち、A、B、C、Dさんは不動産の抵当権だった。でも、E、Fさんはその不動産の抵当権者ではなかった。他の方法でその人にお金を貸していた、あるいは返済してもらう権利を持っていた。

     

    この場合、自己破産の前に任意売却しようが、後に任意売却しようが、どっちみちこの『E、Fさん』には任意売却をしてえたお金は振り分けられないのです。従って、これは偏波弁済に該当しないということですね。

     

    自己破産

     

    以上によって、基本的な考え方としては、任意売却は、自己破産の前にした方がメリットが大きいことが分かりました。あくまでもケースバイケースですが。

     

     

    自己破産

    どうせ自己破産になると不動産等の財産は処分することになるからね!だとしたら先に任意売却という形で売っちゃった方がいいよね!そっちの方が少し高く売れたり、メリットがたくさんあるから!

    ぴよぴよ(たしかに)!

     

     

    この章のまとめ
  • 住宅ローンが残っている不動産がある場合は自己破産の前に任意売却した方がいい
  • どの道管財事件として扱うことになっても、不動産は『強制競売』となってしまう。
  • 任意売却の方が、競売にかけるよりも不動産を割高で売却できる。
  • ローンが残っている場合は自己破産で清算される。
  • 自己破産の前に任意売却すれば借金がなくなるかも。
  • 『自己破産の前に任意売却する』行為は偏頗弁済にはならない。
  •  

     

     

    街角法律相談所 無料借金減額シミュレーター相談申込

     

    街角法律相談所

     

    全国対応。無料相談。匿名相談可能。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

    無料借金減額シミューレーターで全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出し、各社の減額見積もりをサイト上で確認します。

     

    シミューレーター利用者には個々にID/PASSを付与し、マイページにて各事務所とのメッセージのやり取りを含めて自身に最も最適と思われる事務所を選ぶことができます。

     

    エリアに関係なく全国の相談を受け付けており、無料で減額の見積もりを複数社から受け取れるので、サイト訪問者の相談利用は高確率で見込めます。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

     

    岡田法律事務所・債務整理の身近な窓口【弁護士法人:東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)】

     

    岡田法律事務所

     

    全国対応。無料相談。初期費用0円。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

    借金解決は専門家へ。借金返済や債務整理などは一人で悩んでいてもなかなか答えが見つかりません。

     

    法律的にどのような対応できるかは個人ではなかなかわかりません。一人で抱え込むより法律のプロに相談しましょう。メールでお問い合わせが出来ます。返済計画や過払い金の対処など迅速かつ親身に岡田法律事務所では対応致します。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

     

    アルスタ司法書士事務所 債務整理の無料相談窓口【任意整理ステーション】無料

     

    ヤミ金レスキュー

     

    女性専用。全国対応。無料相談。365日24時間相談受付。後払い分割払い可能。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

    既に一案件出させて頂いているウイズユー司法書士事務所が完全女性スタッフ対応の窓口を新しく設置しました。

     

    社会情勢上、生活のために闇金からの借入れをしてしまい悩んでいる女性も少なくありません。そんな女性に特化した闇金窓口が存在していませんが、女性の需要が高い状況です。女性専用というところが安心ですね。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    関連記事

    診断

    自己破産と生活苦。どちらが先かで抜け出す方法は違う!

     

    診断

    多重債務を解決するのは自己破産でいいのか

     

    診断

    年収の何割の借金で自己破産ができるのか?その目安や基準となる考え方

     

    診断

    自己破産を決断するタイミングと注意するべきタイミングとは

     

    診断

    借金における自転車操業の最善の解決策は、本当に自己破産?

     

     

    お金に関するその他の情報

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP