自己破産のノウハウを自分のものにする

> >

 

水商売(キャバ嬢・風俗嬢)でも自己破産できる?注意点は?

 

自己破産

水商売(キャバ嬢・風俗嬢)でも自己破産できる?

 

自己破産

できます。何も問題ありません。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

水商売はなんかちょっと差別的な扱いを受ける印象があるから、そういう疑問を抱く人もいるよね!だけど実際には何の差別もなく自己破産が出来るよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

目次

 

  • 1:風俗嬢(キャバ嬢・水商売)でも自己破産できるのか
  • 2:『接客業』と記載すれば普通は問題ない
  • 3:『お金目当て』の水商売人
  • 4:自己破産は人生を再考するいいきっかけ
  •  

    自己破産

     

     

    風俗嬢(キャバ嬢・水商売)でも自己破産できるのか

     

    風俗嬢やキャバクラ嬢でも自己破産できるでしょうか。

     

    自己破産

     

    答えは、Yesです。

     

    何も問題ありませんね。基本的に、自己破産できない人はいません。ただ、『自己破産の許可が下りない条件にある人』はいます。それは、例えば、下記の法律に該当する人ですね。

     

    破産法第252条にはこうあります。

    裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

     

    一  債権者を害する目的で、破産財団に属し、又は属すべき財産の隠匿、損壊、債権者に不利益な処分その他の破産財団の価値を不当に減少させる行為をしたこと。

     

    二  破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務を負担し、又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。

     

    三  特定の債権者に対する債務について、当該債権者に特別の利益を与える目的又は他の債権者を害する目的で、担保の供与又は債務の消滅に関する行為であって、債務者の義務に属せず、又はその方法若しくは時期が債務者の義務に属しないものをしたこと。

     

    四  浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。

     

    五  破産手続開始の申立てがあった日の一年前の日から破産手続開始の決定があった日までの間に、破産手続開始の原因となる事実があることを知りながら、当該事実がないと信じさせるため、詐術を用いて信用取引により財産を取得したこと。

     

    六  業務及び財産の状況に関する帳簿、書類その他の物件を隠滅し、偽造し、又は変造したこと。

     

    七  虚偽の債権者名簿を提出したこと。

     

    八  破産手続において裁判所が行う調査において、説明を拒み、又は虚偽の説明をしたこと。

     

    九  不正の手段により、破産管財人、保全管理人、破産管財人代理又は保全管理人代理の職務を妨害したこと。

    破産法(第二百五十二条)

     

    jj37.免責不許可事由一覧

     

    このようなことをした人は、免責が下りません。しかし、その人が誰か、例えば、

     

  • 風俗嬢
  • 外国人
  • 黒人
  • 浮浪者
  •  

    というだけの理由で、差別的に自己破産が受けられないという判断はありません。

     

    自己破産

     

     

    自己破産

    まずは、どんな人でも自己破産が出来るっていうことを覚えておこう!

    ぴよぴよ(了解っす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 風俗嬢(キャバ嬢・水商売)でも自己破産できる。
  •  

     

    『接客業』と記載すれば普通は問題ない

     

    また、自己破産の際に、申立書に『風俗嬢』や『キャバクラ嬢』と記載する必要はなく、往々にして、

     

  • アルバイト
  • サービス業
  • 接客業
  •  

    自己破産

     

    等と記載すればそれ以上追及されません。ただ、もし裁判官や破産管財人から正確に答えるように求められたら、きちんと説明しなければなりません。先ほどの破産法第252条にあった。

     

    『八  破産手続において裁判所が行う調査において、説明を拒み、又は虚偽の説明をしたこと。 』

     

    に該当するからですね。真実を正確に知らせる必要がある場合は、伝えるべきでしょう。しかし、聞かれない以上は答える必要はありません。ただし、こんな状況で、

     

    ラーメン屋に1人で入るのは女性としては…

     

    などと言っている場合ではありません。そんな女性っぽいことを言っている場合ではありません。女性ではなく、『母』としてならどうでしょうか。母親はとても強いものです。だが、女性ならまだ少しか弱い。ラーメン屋うんぬんと言ったり、『恥ずかしい』などと言ったりして、見栄や外聞に支配されています。

     

    自己破産

     

    しかし、女性は本当は強い。将棋の『歩』が『と(金)』に変身するように、母になった女性はたくましく、生きるエネルギーにあふれています。生きる為、自分の将来の子供や家族のためにも、今は『母』になるべきです。

     

    『風俗嬢』や『キャバクラ嬢』と書かなければいけないのかなあ。

     

    などと言っている場合じゃないんです。もしそんなことを気にして躊躇しているようであれば、今すぐ『母』になりましょう。

     

    自己破産

     

     

    自己破産

    女性は男性よりも人目を気にするからね!それはある意味、客観視に長けているとも言えるかもしれないけど、それが弊害となる場合もあるから、そこは一つ男の鈍感さを見習って、やるときややるって姿勢を取りたいね!

    ぴよぴよ(ね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 自己破産申立書には『接客業』と記載すれば普通は問題ない
  • 女性は本当は強い。
  •  

     

    『お金目当て』の水商売人

     

    風俗嬢やキャバクラ嬢は、ほとんどが『お金目当て』です。お金が欲しいからその職に就いていると言っていいでしょう。もちろん、『嫌々』の場合もです。借金のためにお金が必要だから、嫌々そこで働いている場合も、ここで言う『お金目当て』ということになりますね。

     

    自己破産

     

    お金に困っているか、まとまったお金が必要。そうでない限り、ほぼその様な仕事に就く人はいません。ですから、やはりお金が絡んでいるだけあって、お金のトラブルは結構多いんですね。お金というものは人の人生を狂わせる魔力を持っています。

     

    風俗嬢の中には元キャバクラ嬢もいて、

    お酒を飲むのが辛いから、手っ取り早く風俗嬢になった。

     

    と言う人もいます。それはもしかしたら、『キャバクラで稼げなかった女の言い訳』なのかもしれませんし、『ホストに貢いでお金が無くなった』では格好がつかないことから出た嘘かもしれません。ホストと風俗が繋がっているケースもありますから、遊んだお金を払えなくて溜まったツケを返すために、風俗嬢にされたのかもしれません。

     

    また、本当のことかもしれません。しかしどちらにせよそこにいるのは『お金が欲しい女』です。

     

     

    自己破産

    お金が目当てじゃなかったらそんな仕事しないからね!99%の人がお金目当てだよ!もちろん健全な意味でもそうで、知り合いに留学するためにキャバクラで働いた人がいるけど、その人は本当にその為に店で稼いで、すぐにやめたよ!

    ぴよぴよ(そういう意味でもお金目当てっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 風俗嬢やキャバクラ嬢は、ほとんどが『お金目当て』。
  •  

     

    自己破産は人生を再考するいいきっかけ

     

    なぜお金が必要だったのか。どうしてその様な店で働かなければならなかったのか。どちらにせよ、一生その仕事に就くわけではないはずです。だとしたら自己破産を通して、一度自分の人生を考え直したいところです。自己破産はそれをする人々が人生を再考する、いいきっかけとなります。

     

    自己破産

     

    とても重い手続きです。大きな責任が伴います。しかし、自殺なんかするよりはよっぽどマシだし、それ以上に状況が悪化するくらいなら、自己破産をした方がいいに決まっています。まずはその他の債務整理

     

  • 任意整理
  • 民事再生(個人再生)
  • 特定調停
  • 過払い金請求
  •  

    自己破産

     

    等を考えて、それでも無理なら、自己破産を検討しましょう。風俗嬢でもキャバクラ嬢でもAV嬢でも、『免責不許可事由』に該当するようなことをしない限り、自己破産を受けることはできます。

     

    自己破産というのはまさにそのような人たちのためにある救済措置です。もし、そこに誤解を抱いていて一歩を踏み出せないでいるのなら、後はその一歩だけですね。弁護士に相談をすれば、必ず解決してくれます。弁護士はその為に存在するのですから。

     

    もちろん、中には変な弁護士もいますけどね。それは人間ですから、人それぞれに個性があります。いい弁護士を探して、一日も早くお金の問題を解決し、人生を前に進めましょう。将来の自分の家族のためにも。子孫のためにも。

     

    女性専用の無料相談はこちら

     

     

    自己破産

    自分の人生は自分で決めなければいけないよ!周りの人がそうしているからといって、それに流されて同じようなことをするのは、意志の埋没であり、唯一無二の自分の人生への冒涜だ!悔いのない人生を生きよう!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 自己破産は人生を再考するいいきっかけ。
  •  

     

     

    街角法律相談所 無料借金減額シミュレーター相談申込

     

    街角法律相談所

     

    全国対応。無料相談。匿名相談可能。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

    無料借金減額シミューレーターで全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出し、各社の減額見積もりをサイト上で確認します。

     

    シミューレーター利用者には個々にID/PASSを付与し、マイページにて各事務所とのメッセージのやり取りを含めて自身に最も最適と思われる事務所を選ぶことができます。

     

    エリアに関係なく全国の相談を受け付けており、無料で減額の見積もりを複数社から受け取れるので、サイト訪問者の相談利用は高確率で見込めます。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

     

    岡田法律事務所・債務整理の身近な窓口【弁護士法人:東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)】

     

    岡田法律事務所

     

    全国対応。無料相談。初期費用0円。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

    借金解決は専門家へ。借金返済や債務整理などは一人で悩んでいてもなかなか答えが見つかりません。

     

    法律的にどのような対応できるかは個人ではなかなかわかりません。一人で抱え込むより法律のプロに相談しましょう。メールでお問い合わせが出来ます。返済計画や過払い金の対処など迅速かつ親身に岡田法律事務所では対応致します。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

     

    アルスタ司法書士事務所 債務整理の無料相談窓口【任意整理ステーション】無料

     

    ヤミ金レスキュー

     

    女性専用。全国対応。無料相談。365日24時間相談受付。後払い分割払い可能。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

    既に一案件出させて頂いているウイズユー司法書士事務所が完全女性スタッフ対応の窓口を新しく設置しました。

     

    社会情勢上、生活のために闇金からの借入れをしてしまい悩んでいる女性も少なくありません。そんな女性に特化した闇金窓口が存在していませんが、女性の需要が高い状況です。女性専用というところが安心ですね。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    関連記事

    よくある質問

    自己破産をすると学資保険(子ども保険)は解約する?解約返戻金はどうなる?

     

    よくある質問

    自己破産の申請中に手続きを中止することはできるか?

     

    よくある質問

    自己破産をするとETCは使えなくなる?高速をよく使う人はどうする?

     

    よくある質問

    自己破産の手続きをしている間はオークションをやってはいけない?

     

    よくある質問

    自己破産後に金融業者から取り立てが行われた場合、どうすればいい?

     

    ↑ PAGE TOP