自己破産のノウハウを自分のものにする

> >

 

会社が破産をすると取締役は自分の財産を処分する必要がある?

 

自己破産

会社が破産をすると取締役は自分の財産を処分する必要がある?

 

自己破産

答えは、Noです。会社の破産で取締役が法的責任を負うということは基本的にはありません。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

会社が破産したら、取締役はその肩書からして、自分の財産を処分しなきゃいけないって気がするよね!個人の場合はそうするわけだし!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

目次

 

  • 1:会社は財産を処分するが、取締役は処分する必要はない
  •  

    自己破産

     

     

    会社は財産を処分するが、取締役は処分する必要はない

     

    会社が破産をすることになれば、会社は財産を処分して返済金に充てる必要があります。では、会社の取締役はその破産に対して、自分の財産を処分したりして返済金に充てるといったようなことをする義務があるでしょうか。

     

    答えは、Noです。

     

    自己破産

     

    会社の破産で取締役が法的責任を負うということは基本的にはありません。ただし、その取締役が更に一歩踏み込んで会社に関係していた場合は、答えは変わってきます。それは例えば、以下のようなケースです。

     

  • 取締役が会社の債務(借金や買掛金など)を連帯保証している
  • 自分の不動産などを担保に供している
  •  

    といった場合です。

     

    自己破産

     

    特に前者ですが、中小企業であれば、会社が金融機関から融資を受ける際には、ほぼ間違いなく代表取締役やその他の取締役などが債務を連帯保証させられる、つまり『経営者保証』を余儀なくされることとなります。

     

    この『経営者保証』に該当する場合は、会社が破産した際の債務は連帯保証しているその取締役に責任が問われるため、その人個人の財産にも影響を及ぼすことになります。つまり、個人の財産を処分して返済金に充てる必要があるということです。

     

     

    CCサイト

    担保融資の目的とは?

     

    CCサイト

    自己破産をすれば(連帯)保証人の責任も無くなる?

     

     

     

    連帯保証人は、『ほぼ債務者と同様の責任を負う人』になりますし、担保契約は、『借金の返済に詰ったら、その担保を売却してお金に換えて、返済金に充てる約束』のことですから、連帯保証人と担保、という話になってくると、話がガラッと変わってしまうということです。

     

    自己破産

     

    しかし逆に言うとそういったケースには当てはまらないなら、影響はないということになります。

     

     

    自己破産

    個人の場合だったら、自己破産をするときに本人が財産を持っていたら、その財産を管財事件として扱って処分し、お金に換え、債権者に配当するけど、法人の場合は違うってことだね!

    ぴよぴよ(連帯保証人になっていた場合が注意っすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 会社は財産を処分するが、取締役は処分する必要はない。
  • 取締役が会社の債務(借金や買掛金など)を連帯保証している場合は別。
  • 自分の不動産などを担保に供している場合も別。
  •  

     

     

    街角法律相談所 無料借金減額シミュレーター相談申込

     

    街角法律相談所

     

    全国対応。無料相談。匿名相談可能。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

    無料借金減額シミューレーターで全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出し、各社の減額見積もりをサイト上で確認します。

     

    シミューレーター利用者には個々にID/PASSを付与し、マイページにて各事務所とのメッセージのやり取りを含めて自身に最も最適と思われる事務所を選ぶことができます。

     

    エリアに関係なく全国の相談を受け付けており、無料で減額の見積もりを複数社から受け取れるので、サイト訪問者の相談利用は高確率で見込めます。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

     

    岡田法律事務所・債務整理の身近な窓口【弁護士法人:東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)】

     

    岡田法律事務所

     

    全国対応。無料相談。初期費用0円。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

    借金解決は専門家へ。借金返済や債務整理などは一人で悩んでいてもなかなか答えが見つかりません。

     

    法律的にどのような対応できるかは個人ではなかなかわかりません。一人で抱え込むより法律のプロに相談しましょう。メールでお問い合わせが出来ます。返済計画や過払い金の対処など迅速かつ親身に岡田法律事務所では対応致します。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

     

    アルスタ司法書士事務所 債務整理の無料相談窓口【任意整理ステーション】無料

     

    ヤミ金レスキュー

     

    女性専用。全国対応。無料相談。365日24時間相談受付。後払い分割払い可能。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

    既に一案件出させて頂いているウイズユー司法書士事務所が完全女性スタッフ対応の窓口を新しく設置しました。

     

    社会情勢上、生活のために闇金からの借入れをしてしまい悩んでいる女性も少なくありません。そんな女性に特化した闇金窓口が存在していませんが、女性の需要が高い状況です。女性専用というところが安心ですね。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    関連記事

    よくある質問

    自己破産をしてもNHK受信料滞納金の支払い義務は残る?

     

    よくある質問

    自己破産後の復権にかかる期間は?手続きは必要なの?

     

    よくある質問

    自己破産とは借金がいくらからできる?また、限度はある?

     

    よくある質問

    自己破産の期間を短縮できる『即日面接制度』とは?

     

    よくある質問

    自己破産をすると、滞納している税金・国民保険料・国民年金などはどうなる?

     

    ↑ PAGE TOP