自己破産のノウハウを自分のものにする

>

 

自己破産を弁護士へ依頼

 

自己破産

 

 

自己破産をするときは弁護士と司法書士どちらがいいか?その違いとは

弁護士へ依頼

 

自己破産をするとき、代理人を選択することができますが、弁護士、司法書士、そのどちらが最善なのでしょうか。それはケースバイケースですね。例えば、『どう考えても、この場合、あの弁護士がピッタリだ。あの先生に頼もう』という状況にいたとしても、その弁護士が悪徳弁護士だったらどうでしょうか。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産をして債権者から訴えられた場合の対処法とは?

弁護士へ依頼

 

債権者からすると、債務者に自己破産をしてもらいたくありません。なぜなら、自己破産をされると、債権を失うからです。つまり、貸したお金が返ってこなくなります。これは理不尽ですね。

 

 

>>詳細を見る

 

手続きの種類によって自己破産にかかる時間は違う?早く終わらせるポイント

弁護士へ依頼

 

自己破産の手続きにかかる時間は、手続きの種類によって違います。同時廃止事件=2~3ヶ月、管財事件=6カ月~1年、だと覚えておけば、ほぼ間違いないでしょう。自己破産の手続きは、同時廃止事件、管財事件、の2つがあります。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産について弁護士等に無料メール相談する際に、確認するべきポイント

弁護士へ依頼

 

自己破産をすることはやはり少しハードルが高いと感じる人もいます。また、知り合いに弁護士がいない場合や、初めて弁護士を雇う人など、どの会社にどのように連絡をしたら最善なのか、わからない人がいます。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産手続きで考えられる弁護士とのトラブルとは?

弁護士へ依頼

 

自己破産手続きで弁護士とのトラブルが挙げられるとしたら、悪徳弁護士に当たってしまった、悪徳弁護士にさせてしまいそうになった、自分が悪人だった、ということでしょう。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産が得意な弁護士の選び方・見極め方とは?

弁護士へ依頼

 

自己破産をするときは、自分でやる、司法書士に頼む、弁護士に頼む、という選択肢がありますが、やはり弁護士に頼んだ方が確実性が高いですね。自分でやるには少し手続きが複雑ですし、書類等、用意するものも多い。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産手続きで弁護士等が辞任した場合、費用等その後はどうなる?

弁護士へ依頼

 

自己破産手続きを弁護士や司法書士に依頼したとき、途中で相手がその仕事を辞任することがあります。様々な理由がありますから、そういうこともあるでしょうね。では、その場合、費用や手続きはどうなるでしょうか。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産の費用に困ったら、法テラスで立て替えてもらうよう相談せよ!

弁護士へ依頼

 

自己破産をするとき、お金がない場合はどうしたらいいでしょうか。自己破産は手続きが2つあって、処分する財産がある場合=管財事件、処分する財産が無い場合=同時廃止事件、ですが、それぞれ、管財事件=20~50万円、同時廃止事件=2万円、ほどかかります。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産手続きの弁護士費用は、着手金を分割にすることで解決する?

弁護士へ依頼

 

自己破産をするとなると、お金がかかります。お金がないのにお金がかかるという矛盾が生じるのですが、これはまあ人が動くわけですから仕方ないかもしれませんね。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産の手続きを抑えるには?弁護士の初期費用無料(0円)は可能か

弁護士へ依頼

 

お金が無くなって自己破産をしたいと思っても、自己破産にかかるお金があります。予納金等、弁護士費用等、ですね。それらはそれぞれ、管財事件=20~50万円、同時廃止事件=1~5万円、司法書士=20~30万円、弁護士=40~50万円、といったところが相場です。

 

 

>>詳細を見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

お金に関するその他の情報

借金

借金

借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

お金/資産

お金

お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

↑ PAGE TOP