自己破産のノウハウを自分のものにする

> >

 

自己破産のお金が無い場合は分割で弁護士に依頼しよう!

 

自己破産

自己破産のお金が無い場合は、分割で弁護士に依頼できる?

 

自己破産

出来る場合があります。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

自己破産をするときって、やっぱり弁護士に依頼するのが一番無難なんだけど、費用が結構かかるよね!もしお金がない場合は諦めるしかないのかな?さて、ここではそんな疑問に答えましょう!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

自己破産を行う場合、弁護士にかかる費用や裁判所に支払うお金など、様々な費用が必要になります。ですが、お金がないことで弁護士に頼めないと考え、自己破産を行うのを諦めるしかない人も多いのではないでしょうか?お金が無い場合であっても、自己破産を弁護士に頼んで実行してもらうことは十分に可能です。

 

目次

 

  • 1:無料相談で弁護士に相談をしてみることも大切
  • 2:弁護士を雇うときの費用とは?
  • 3:お金がなくても弁護士を雇える仕組みとは?
  • 4:弁護士費用なら日本司法支援センターで立て替えてもらえる
  • 5:予納金が支払えない場合でも分割払いができる
  •  

    自己破産

     

     

    無料相談で弁護士に相談をしてみることも大切

    法律相談所では、弁護士の存在を身近に感じてほしいということで、無料で相談できる問題が多くなってきています。その中には債務整理や自己破産、借金の金利について無料で相談に乗ってくれるところもあります。無料相談は平日に限らず、様々な人に利用してほしいということで、土日やメールでも対応してくれます。

     

    自己破産

     

    無料相談では、弁護士の親しみやすさや信頼を感じてほしいと考えていて、親身になって話を聞いてくれるでしょう。弁護士に無料で相談を行うことで、諦めかけていた自己破産についても解決することができるようになります。

     

    さらに、無料で相談を行うことで弁護士にかかる費用についての相談にも乗ってくれるようになります。自己破産やお金の面というのはシビアな問題でもあるため、周りの人には言えずに借金の返済で困っている人も多いのです。

     

    法律相談所では、このように困っている人に対して少しでも救いの手を差し伸べることができないかということで、無料相談というサービスを開始する事務所が多くなっています。

     

    自己破産

     

     

    自己破産

    弁護士の相談料というのは有料と相場が決まっているけど、そんな中、無料相談っていうサービスがあるのは知らない人は知らないよね!この世の中は、結構頭を使えばお金がかけずに物事を進めることが出来るようになってるんだ。ちょっとした行動力がいるけどね!

    ぴよぴよ(親分の行動力なら文句なしっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 無料で弁護士が相談に乗ってくれる場合がある。
  •  

     

    弁護士を雇うときの費用とは?

    弁護士を雇おうとするとお金がかかると思っている人も多く、自己破産を考えている場合は諦めざるを得ない場合も出てくるでしょう。自己破産にかかる費用は着手金や報酬金、成功報酬といった費用を支払う必要があり、法律事務所によっても費用に差が出ます。自己破産で弁護士だけにかかる費用は、約30万~50万円といわれていて、そんな費用はどこにもないと考えている人も多いでしょう。

     

    法律事務所には通常の弁護士や司法書士という方がおり、どちらであっても自己破産を行うことは可能です。弁護士よりも司法書士の方が費用が安くてすむといわれていて、大体10万円程度安く自己破産を行うことができます。

     

    しかし、司法書士に自己破産の仕事を頼んだとしても、約20万~40万円程度はかかってしまうのが実情のようです。法律相談所では、このような費用で収まらないこともありますので、自己破産を行う前に無料相談で費用の問題についても相談しておいた方が良いでしょう。

     

    弁護士と司法書士の費用

    弁護士依頼料 司法書士依頼料
    ¥30~50万 ¥20~40万

     

    自己破産

     

    費用が高いのであれば、他の法律相談事務所で自己破産の手続きをしてもらうことも視野に入れた方が良いのではないかと考えられます。

     

    自己破産をしようと考えているだけあり、できるだけ安い費用で抑えたいと考えている人は、とても多いのではないでしょうか?弁護士や司法書士に支払うお金がそんなにないと考える人も多いですが、実際にはお金が無い場合であっても弁護士や司法書士を雇うことができます。

     

     

    自己破産

    弁護士でも司法書士でも、20万円以上は間違いなくかかるね!その他にも様々な諸経費がかかるから、100万円は見ておいたほうが無難だよ!それはそれは大変な金額だ!何しろ、お金がないって言ってるんだからこっちは!

    ぴよぴよ(100万円あったらお菓子がいっぱい食べれるっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 自己破産にかかる弁護士費用は約30万~50万円。
  • 自己破産にかかる司法書士費用は約20万~40万円。
  •  

     

    お金がなくても弁護士を雇える仕組みとは?

    借金の返済に追われている生活を送っている状態では、生活に楽しみを感じず閉鎖的な考えになってしまうことも多いです。お金が無い場合であっても、弁護士や司法書士を雇うことができるというのはどういうことなのでしょうか?

     

    通常の場合は、お金があるなしに関わらず弁護士や司法書士には、一括でお金を支払わなければならないというのが普通でした。しかし、最近では詐欺や自己破産などで困っている人も多いため、費用の問題で自己破産を諦めるしかなかったり、詐欺の被害にあっても訴えることすらできないという問題が多くあります。

     

    自己破産

     

    基本的に弁護士や司法書士にかかる高い費用を一括で支払えるのであれば、自己破産をしようと考える人はまずいないでしょう。お金が無いからこそ毎月の返済に困っていて、自己破産を考える人が多いため弁護士にかかる費用や司法書士にかかる費用を、分割で支払えるようになりました。弁護士や司法書士の方に仕事を依頼した時点で返済を行う必要がなくなるため、毎月の苦しい返済から逃れることができるようになります。

     

    さらに、裁判所で自己破産が認められれば、今まで抱えていた借金の額がゼロになりますので、自己破産の可能性にかけたいという人も多いと思います。弁護士や司法書士にかかった費用というのは、依頼者との話し合いで月にどのくらい分割していくのかを決めることができます。依頼者の負担にならない程度の分割を考えてくれますので、とても依頼しやすく信頼して自己破産のお願いをすることができるようになりました。

     

     

    自己破産

    人間には様々な事情があるからね!悪気なく借金を負ってしまったような人を救済する動きがあるってことだね!交渉次第で安くなることだってあるし、あるいは結果的に自分の負担が軽くなることだってある。分割もあるんだね!一つ一つ慎重に考えていくことが大事だね!

    ぴよぴよ(究極の場面っすからね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 弁護士が無料で相談に乗る背景には、詐欺や自己破産などの社会問題がある。
  •  

     

    弁護士費用なら日本司法支援センターで立て替えてもらえる

    弁護士の費用が分割になるというのは、法律相談所の御厚意で行ってくれているサービスのようなものです。法律相談所には分割のサービスが無い場合もあり、分割のサービスが無い場合は一括で費用を支払う必要があります。自宅の近くには一括で支払わなければならない事務所ばかりで、分割のサービスをしていない場所が多いという場合は、他の手も考えるようにしましょう。

     

    日本司法支援センターと呼ばれる法テラスであれば、自己破産にかかる弁護士費用を一時立て替えてもらうこともできます。日本司法支援センターを利用して、弁護士にかかる費用を支払う場合は、予納金については自分で費用を用意して支払う必要があります。

     

    一時的に立て替えてもらえるというだけですので返済をする必要がありますが、弁護士費用を自分で用意する必要はなくなります。もしもの際の方法として利用するのであれば、自己破産の手続きに進みやすくなります。

     

    自己破産

     

    Check!!
  • 全国の法テラス(日本司法支援センター)電話番号一覧
  •  

     

    自己破産

    法テラスっていう支援団体が、自己破産にかかる弁護士費用を一時的に立て替えてくれるわけだね!このように、頭を使って、慎重に行動すれば、何とか脱出口が見えて来るのも人生だよ!自己破産に陥った理由は、慎重ではなかったことが原因だと考えて、今度こそ慎重に行動しよう!

    ぴよ、ぴよ(慎重、慎重)!

     

     

    この章のまとめ
  • 法テラスであれば、自己破産にかかる弁護士費用を一時立て替えてもらうこともできる。
  •  

     

    予納金が支払えない場合でも分割払いができる

    自己破産を行うときは弁護士にかかる費用だけではなく、申し立て手数料や予納金を支払う必要があります。申し立て手数料は1500円程度となっていますので、お金が無い場合でもあっても何とか用意することは可能です。しかし、予納金には2万円程度かかってしまうため、お金が無いということも考えられます。

     

    弁護士費用以外の諸費用

    申し立て手数料 予納金(概算)
    ¥1,500 ¥20,000

     

    東京地方裁判所に支払う予納金の費用を用意できない場合は、どうすれば良いのでしょうか?

     

    どうしても予納金を支払うことができない場合は、分割で支払うこともできます。分割で支払う場合は3~4回程度の分割しか認められていませんが、一括で予納金を支払う必要がなくなります。分割にしてもすべての支払いが終わらないことには、自己破産の手続きが進まない場合もあるようです。ですが、予納金が未払いになるよりは、裁判所としても少しずつでも支払ってほしいということもあり、分割ができるようになっています。

     

    このようにお金が無い場合であっても、自己破産を行うことは可能ということになります。

     

    自己破産によって借金がなくなるために裁判所の予納金や弁護士費用、司法書士費用などが分割になるだけであれば、自己破産にかかる費用を支払うことが可能なのではないかと思う人も多いと思います。しかし、実際には上記のようにお金が無くても自己破産ができ、今までの借金返済で苦しかった生活ともおさらばすることができます。

     

    自己破産

     

    実際にお金が無くて自己破産をしようか迷っているという人は、無料相談で弁護士にかかる費用の相談や分割についても聞いておくと、少しでも参考になるでしょう。無料相談をしておけば事務所側も依頼者の顔を覚えているため、弁護士費用が高くなったり分割の返済額が増えてしまう心配もなくなります。

     

     

    自己破産

    お金が無くても、頭を使えば何とか道をこじ開けることが出来るかもしれないのが人生だね!自己破産に陥った理由はたくさんあるから一概には言えないけど、客観的に見ると『慎重ではなかった』ということになる。頭を使えばそうはならなかったと言わざるを得ない。

    ぴよぴよ(うーむ)!

    だからいい教訓だと思って、勉強だと思って、今後は一つ一つ慎重に行動しよう!フランスの作家、ブールジュがこう言っているよ!

    『自分の考えたとおりに生きなければならない。そうでないと、自分が生きたとおりに考えてしまう。』

    ぴよぴよ(深いっす、親分深いっすよ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 東京地方裁判所に支払う予納金の費用を用意できない場合は、分割で支払うこともできる。
  • 分割で支払う場合は3~4回程度の分割しか認められていない。
  •  

     

     

    街角法律相談所 無料借金減額シミュレーター相談申込

     

    街角法律相談所

     

    全国対応。無料相談。匿名相談可能。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

    無料借金減額シミューレーターで全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出し、各社の減額見積もりをサイト上で確認します。

     

    シミューレーター利用者には個々にID/PASSを付与し、マイページにて各事務所とのメッセージのやり取りを含めて自身に最も最適と思われる事務所を選ぶことができます。

     

    エリアに関係なく全国の相談を受け付けており、無料で減額の見積もりを複数社から受け取れるので、サイト訪問者の相談利用は高確率で見込めます。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

     

    岡田法律事務所・債務整理の身近な窓口【弁護士法人:東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)】

     

    岡田法律事務所

     

    全国対応。無料相談。初期費用0円。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

    借金解決は専門家へ。借金返済や債務整理などは一人で悩んでいてもなかなか答えが見つかりません。

     

    法律的にどのような対応できるかは個人ではなかなかわかりません。一人で抱え込むより法律のプロに相談しましょう。メールでお問い合わせが出来ます。返済計画や過払い金の対処など迅速かつ親身に岡田法律事務所では対応致します。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

     

    アルスタ司法書士事務所 債務整理の無料相談窓口【任意整理ステーション】無料

     

    ヤミ金レスキュー

     

    女性専用。全国対応。無料相談。365日24時間相談受付。後払い分割払い可能。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

    既に一案件出させて頂いているウイズユー司法書士事務所が完全女性スタッフ対応の窓口を新しく設置しました。

     

    社会情勢上、生活のために闇金からの借入れをしてしまい悩んでいる女性も少なくありません。そんな女性に特化した闇金窓口が存在していませんが、女性の需要が高い状況です。女性専用というところが安心ですね。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    関連記事

    自己破産

    倒産と破産宣告の手続きの違いとデメリットの違いとは?

     

    自己破産

    個人の場合と法人や会社で自己破産の申請を出す大きな違いとは?

     

    自己破産

    慰謝料請求の中には自己破産が可能な事例と不可能な事例があります

     

    自己破産

    自己破産をすると身内や親戚に影響があるか

     

    自己破産

    自己破産による周囲の関係変化と影響

     

    自己破産

    自己破産直前にすることは借金の返済ではなく、家族への影響を考えて話し合うこと

     

     

    お金に関するその他の情報

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP