自己破産のノウハウを自分のものにする

> >

 

自己破産後に車を所有するためには、低い査定を出してもらうのがポイント?

 

自己破産

自己破産後に車を所有するためにはどうすればいい?

 

自己破産

換価20万円以下の財産は保有できます。車が売ってもその値段の範囲内にしかならない場合は、車を所有出来ます。また、車屋さんに低い査定を出してもらうという裏技もあります。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

基本的には車を含めた財産は、自己破産と同時に処分することになるからね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

目次

 

  • 1:自己破産をすると自動車は普通、処分される
  • 2:自己破産は破産者を死に追い込むための制度ではない
  • 3:車屋に低い査定を出してもらう裏技とは?
  • 4:破産者には誠実な対応が求められる
  •  

    自己破産

     

     

    自己破産をすると自動車は普通、処分される

     

    自己破産をすると、自動車は普通、処分されます。家や高級時計、高級テレビなんかもそうですね。普通に考えて、自己破産をして借金を帳消しにする人が、つまりそれは借金を踏み倒すようなものですから、そういう人がそういった豪華なもの、贅沢なものを所有していることは理不尽な話です。

     

    自己破産

     

    債権者は、相手が自己破産をするとお金が返ってこないわけです。それなのに、それを強制的に受け入れなければならないのに、更にそこに追い打ちをかけるように、破産者が贅沢な暮らしを一切手放さないとなると、これは不公平です。

     

    自己破産

     

    公平にしなければなりません。債権者も債権を手放すのですから、破産者も何かを手放す必要があります。それは当然、お金があるならそれを返済に回す必要があります。無い場合は、そういった資産を売却し、お金に換えて債権者に返す必要があります。

     

    考えれば当たり前のことですね。自分が債権者側になってみればわかることです。もし債務者側の意見だけで言えば、こんな厳しい口調にならないのですが、この記事も公平にする必要があります。だから事実を淡々と書くわけです。

     

     

    自己破産

    自己破産をすると債務者側はいいけど、債権者側のことも考えないと不公平だからね!両方が人間で、両方に権利があるから!まずは公平な視点で考えることが大事だよ!

    ぴよぴよ(たしかに)!

     

     

    この章のまとめ
  • 自己破産をすると自動車は普通、処分される。
  •  

     

    自己破産は破産者を死に追い込むための制度ではない

     

    それでは、破産者は全ての財産を自己破産によって手放す必要があるのでしょうか。

     

    答えは、Yesです。

     

    …と言いたいところですが、それは債権者側に寄せた意見であり、です。債権者側はそれくらいの気持ちで自己破産をしてほしいと考えることでしょう。

     

    しかし実際は、Noです。

     

    自己破産

     

    『すべて』ではありません。生活に必要最低限の物は残しておくことができます。自己破産は破産者を死に追い込むための制度ではありませんからね。あくまでも救済措置なのです。それでは、処分の条件を見て見ましょう。ポイントは、

     

  • 現金が99万円以下になること
  • 売却額が20万円以下の物は免除
  •  

    ということが原則です。つまり、

     

  • その自動車の売却額が20万円以下である
  •  

    という条件に当てはまる場合は、その車を残しておくことが可能になります。車と言ってもピンキリですからね。高級外車もあれば、中古のオンボロ車もあります。資産価値が低ければ低いほど、残しておける可能性があります。

     

    自己破産

     

    債務整理の無料相談はこちら

     

     

    自己破産

    中古車ショップに行けば、展示してある車に50万円以下の金額が書いてあることなんてザラだってわかるよね!20万円とかもあるよ!だから、それを売るってなったらもっと安くなるからね!

    ぴよぴよ(確かにそう考えると、20万円以下の車って結構あるっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 自己破産は破産者を死に追い込むための制度ではない。
  • 自動車の売却額が20万円以下である場合は処分しなくていい。
  •  

     

    車屋に低い査定を出してもらう裏技とは?

     

    また、裏技として車屋さんに、低い査定を出してもらう方法があります。これは債務者寄りの意見です。先ほどは債権者側に寄せたので、これで公平です。

     

    また、更に詳しい情報は、下記のページで確認できます。

     

     

    CCサイト

    自己破産しても自動車を所有できる4つのケース

     

     

    ポイントは、

     

  • 1)現在のローン状況と友人の買い取り
  • 2)初年度登録からの経過年数
  • 3)20万円未満の資産
  • 4)やむを得ない事情
  •  

    ということになります。友人や身内に買い取ってもらったり、病院へ通院するやむを得ない状況で車が必要だったりした場合等、詳細が書いてあります。

     

    また、結婚している場合は、その妻や夫が車を所有している場合があります。その場合は、破産した本人が持っている車には該当しない為、処分する必要はありません。

     

    自己破産

    自己破産

     

    しかし、だからといってそれを援用(えんよう。つまり、その事実を自分の都合のいいように解釈し、悪用する)し、自己破産をする前にわざと自分の車の名義を他の家族の名義に変更するようなことをすると、これは資産隠しです。資産隠しをすると免責不許可になる可能性も飛躍します。それが悪質である場合は詐欺破産として、詐欺罪となることもあることを覚悟しましょう。

     

    自己破産

     

     

    自己破産

    全ての車を処分する必要はないってことがわかったね!だけど、名義変更の悪だくみなんかはやめた方がいいね!踏んだり蹴ったりになるよ!気持ちはわかるけど!

    ぴよぴよ(わかっちゃいるけど、わかっちゃいけないっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 裏技として車屋さんに、低い査定を出してもらう方法がある。
  • 破産した本人以外が所有している車は処分する必要はない。
  • わざと自分の車の名義を他の家族の名義に変更するようなことをすると、資産隠しとして最悪の場合逮捕される。
  •  

     

    破産者には誠実な対応が求められる

     

    また、これはあくまでも原則であり、確かに『破産した本人だけがきつい制裁を受ける』とは言っても、家族はほとんど連帯責任を負うところがありますからね。伴侶が自己破産をして、自分は無関係な人間のふりをする人間に、あまりいい印象は持ちません。

     

    もちろん様々な事情があると思いますので、一概には言えませんが。しかし、いくら『妻は無関係だ。だからこのベンツは売る必要がない』と言っても、債権者側からすれば、それが本当の話かどうかも疑わしいし、それをたまたま夫である破産者が乗っている姿を見れば、憤りを覚えますね。遺恨を残します。

     

    何しろ、自己破産をして借金を踏み倒しておいて、本人はベンツに乗っているんですからね。これは遺恨を残し、表面的に、法律的に債権がなくなったとしても、目に見えない部分で負の遺産が積まれていくかもしれません。

     

    自己破産

     

    誠実な対応が求められます。誠実であれば問題ないのです。たしかに車を残しておける手段はいろいろとあると思いますが、不誠実な生き方をすると、その場しのぎは出来てもいずれまたそれが発端となり大きな歪みを生むかもしれません。

     

    そもそも、今回、自己破産をしたんですからね。そんな人、普通、滅多にいませんよ。

     

    192.債務整理 車 手元に残す 方法

     

    自己破産

    まあ、よほどの事情が無い限りは、この一定期間だけは車なんか必要ないっていう誠実な考え方が必要かもしれないね!そういう人がまた生活を持ち治した時、同じ轍を踏まない人間になっている可能性が高いよ!

    ぴよぴよ(失敗を糧にするっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 破産者には誠実な対応が求められる。
  •  

     

     

    街角法律相談所 無料借金減額シミュレーター相談申込

     

    街角法律相談所

     

    全国対応。無料相談。匿名相談可能。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

    無料借金減額シミューレーターで全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出し、各社の減額見積もりをサイト上で確認します。

     

    シミューレーター利用者には個々にID/PASSを付与し、マイページにて各事務所とのメッセージのやり取りを含めて自身に最も最適と思われる事務所を選ぶことができます。

     

    エリアに関係なく全国の相談を受け付けており、無料で減額の見積もりを複数社から受け取れるので、サイト訪問者の相談利用は高確率で見込めます。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

     

    岡田法律事務所・債務整理の身近な窓口【弁護士法人:東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)】

     

    岡田法律事務所

     

    全国対応。無料相談。初期費用0円。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

    借金解決は専門家へ。借金返済や債務整理などは一人で悩んでいてもなかなか答えが見つかりません。

     

    法律的にどのような対応できるかは個人ではなかなかわかりません。一人で抱え込むより法律のプロに相談しましょう。メールでお問い合わせが出来ます。返済計画や過払い金の対処など迅速かつ親身に岡田法律事務所では対応致します。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

     

    アルスタ司法書士事務所 債務整理の無料相談窓口【任意整理ステーション】無料

     

    ヤミ金レスキュー

     

    女性専用。全国対応。無料相談。365日24時間相談受付。後払い分割払い可能。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

    既に一案件出させて頂いているウイズユー司法書士事務所が完全女性スタッフ対応の窓口を新しく設置しました。

     

    社会情勢上、生活のために闇金からの借入れをしてしまい悩んでいる女性も少なくありません。そんな女性に特化した闇金窓口が存在していませんが、女性の需要が高い状況です。女性専用というところが安心ですね。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    関連記事

    自己破産

    自己破産で免責される条件確認一覧

     

    自己破産

    自己破産と免責の違いとは

     

    自己破産

    無職になった結果収入が途絶えた場合の対処法

     

    自己破産

    結婚、離婚それぞれのタイミングとは

     

    自己破産

    自己破産では債権債務の確定日の理解も大切です

     

    自己破産

    免債が決まっても年金担保融資は残る。自己破産手続中の人は気を付けて

     

    ↑ PAGE TOP