自己破産のノウハウを自分のものにする

> >

 

自己破産の方法と自己破産前後の相続について

 

自己破産

自己破産の方法を教えて!また、自己破産をする場合、相続問題はどうなるの?

 

自己破産

自己破産の方法を具体的に記載します。

 

また、相続はタイミングによっては、資産のほとんどを破産手続きの中で債権者へ配当にあてられる可能性があります。自己破産をする前に相続できる遺産が見つかった場合、再度、違う形で債務整理をするといいでしょう。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

自己破産をするときに、遺産相続ってどうなるのか、わからない人は不安だよね。今回は自己破産の方法と、自己破産と相続の問題について詳しく解説するよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

自己破産は多重債務の救済処置のひとつで、債務整理の中では最も重い処置です。
もしも家族の中に自己破産となりそうな方がいる場合、どのようにすれば良いか迷う事でしょう。また、親族や家族に自己破産間際の方がいて、この状態で遺産相続がされた場合、どのようになるのかが気になる事と思います。そのための相続、方法について紹介をします。

 

借金

借金

借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

 

 

 

目次

 

  • 1:自己破産の手続き方法
  • 2:裁判所で入手する自己破産時に必要な書類
  • 3:個人で用意する自己破産時に必要な書類
  • 4:自己破産前後の遺産相続について
  • 5:自己破産申立前の遺産相続
  • 6:自己破産開始決定後の遺産相続
  •  

    自己破産

     

     

    自己破産の手続き方法

    自己破産をする時の手続きは、大概の方は経験をする事が無いため複雑だと思われがちですが、それ程に難しい事はありません。ただし、提出する書類に記載をする内容に難があります。

     

    方法としては、まず自己破産申立ての手続きをする必要があります。ここで自己破産手続きを弁護士や司法書士に依頼されている場合は、この道のプロである専門家の指示に従い書類を作成する事になります。これらの作業はほとんどが事務所にて行い、また裁判所などの対応も専門家が一緒に対応してくれますので、一般の方はとても心強いと思います。

     

    自己破産

     

    しかし個人で提出する場合、不備の無いようにしっかりとチェックを行わないと、何度も裁判所へ足を運ばなくてはならなくなります。また裁判所によっては、提出する書類が異なる事がありますので、事前に確認が必要となります。

     

     

    自己破産

    自分でやれば確かにコストはかからないけど、自己破産をするような状況に陥った人というのは、どんなに良い人であっても何らかの問題があると考えるのが普通だよ!間違った場合の余計な負担も大きいし、費用はこの際、必要経費として考えちゃった方が無難だね!

    ぴよぴよ(餅は餅屋っすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 自己破産申立ての手続きをする必要がある。
  • 一人で提出する場合、不備があれば何度も裁判所へ足を運ばなくてはならなくなるデメリットがある。
  • 弁護士等の専門家に任せれば、お金がかかるデメリットがある一方、全てを任せることができる。
  •  

     

    裁判所で入手する自己破産時に必要な書類

    自己破産をする際は、幾つかの書類を裁判所で入手する必要があります。

     

    自己破産

     

    自己破産

    じゃあここからは一気に必要な書類や記載内容を一覧で紹介するよ!

    ぴよ(するよ)!

     

  • 破産申立書・免責申立書
  • 陳述書
  • 債権者一覧
  • 資産目録
  • 家計の状況を記載する書類
  •  

    を入手してください。記載する詳細については以下の通りです。

     

    破産申立書・免責申立書

     

    破産申立書・免責申立書には下記を記載します。

     

    破産申立書・免責申立書
  • 債権者の指名
  • 生年月日
  • 本籍
  • 住所
  • 連絡先
  • 家族関係
  • 収入
  • 生活状況
  • 借金の時期
  • 借金の総額
  • 使用用途
  • 所有の財産
  •  

     

    陳述書

     

    自己破産申立ての際に提出する書類の中で一番厄介な書類ですので、具体的に記載する必要があります。記載する内容は、

     

    陳述書
  • 借金をした理由
  • 経済的破綻に至った理由
  • 自己破産以外では解決できない理由
  • 経歴
  • 生活状況
  • 反省文
  • 今後の展開
  •  

    を記載します。

     

    債権者一覧

     

    債権者一覧には下記を記載します。

     

    債権者一覧
  • 全ての債権者の住所
  • 氏名
  • 債務総額
  • 借入時期
  • 返済した金額
  •  

    この際に記載する項目として、金融業者以外にも親族、友人、知人など借金をしている全ての個人、法人を記載します。ここで記載漏れを起こすと、免責不許可事由に該当し、免責許可の決定が受けられなくなりますので注意してください。

     

    資産目録

     

    資産目録には、下記など所有している財産の全てを記載します。

     

    資産目録
  • 現金
  • 預金
  • 不動産
  • 動産
  • 有価証券
  • 保険
  •  

    家計の状況は過去2、3ヶ月程度の家計の収入、支出に至る細かい状況を記載します。この際に、同居している家族の全ての収支も必要となります。

     

     

    個人で用意する自己破産時に必要な書類

    自己破産時に個人で用意するものは、以下が挙げられます。

     

    自己破産時に個人で用意するもの
  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 給与明細書の写し
  • 源泉徴収書の写し
  • 市民税・県民税課税証明書
  • 預金通帳の写し
  • 賃貸契約書の写し
  • 不動産登記簿謄本
  • 退職金を証明する書面
  • 車検証の写し
  • 自動車の査定書
  • 保険証券の写し
  • 保険解約返戻金証明書
  • 年金等の受給証明書の写し
  • 公的助成金・年金証明書の写し
  • 財産分与明細書
  • 財産相続明細書
  • クレジットカード
  •  

    記載する詳細については以下のようになります。

     

    自己破産

     

    住民票は債務者だけでなく、世帯全員の記載されているものが必要です。戸籍謄本は債務者のみの抄本ではなく、謄本が必要となります。給与明細書の写しは給料を貰っている場合、過去2ヶ月分の給与明細のコピーが必要です。源泉徴収書の写しは、過去1ヶ月分の収入を証明する源泉徴収書のコピーが必要となります。

     

    市民税・県民税課税証明書は、住民税の課税額の証明書が必要です。預金通帳の写しは、過去から全ての預金通帳のコピーを取ります。賃貸契約書の写しは賃貸契約している場合に、その賃貸借契約書のコピーを用意します。不動産登記簿謄本は不動産を所有している場合に、その登記簿謄本が必要です。

     

    退職金を証明する書面は、退職金を受け取っていた場合に必要な書類です。これを証明する書面、または将来に向かって退職金の受給が見込まれている場合は、その計算書を提出します。

     

    自己破産

     

    車検証の写しは、自動車や自動二輪を所有している場合に必要で、車検証のコピーの事です。自動車の査定書は自動車や自動二輪を所有している場合、これを査定して貰った際の書類となります。保険証券の写しは生命保険などに加入している場合に、その保険証券のコピーが必要です。

     

    保険解約返戻金証明書は生命保険を解約し、解約返戻金を受け取った場合の証明書が必要となります。年金等の受給証明書の写しは年金を受給している場合に必要で、その証明書のコピーです。公的助成金・年金証明書の写しは、公的給付金を受給している場合に必要で、その金額を明らかにする書面のコピーを準備します。

     

    自己破産

     

    財産分与明細書は、夫婦が生活の中で築いた財産を離婚の際に分ける場合に必要となり、その明細書です。財産相続明細書は財産相続を受ける場合がある場合に、その明細書を準備します。クレジットカードは、全てのカードを提出する必要があります。

     

     

    自己破産

    たくさんの書類がいるし、その一つ一つにこうして条件があるから、これらを用意するだけで一苦労だね!これらの何か一つに不備があるだけで出直す必要があるわけだから、個人で全部をやろうとすると大変だってことがわかってきたかな?

    ぴよぴよ(親分、これはちょっとめんどくさいっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 自己破産時に個人で用意するものはたくさんある。
  • その一つ一つの指定がかなり細かい。
  •  

     

    自己破産前後の遺産相続について

    自己破産前後に遺産相続がありそうな場合、この債務の相続はどのようになるのでしょうか?

     

    タイミングによっては、資産のほとんどを破産手続きの中で債権者へ配当にあてられる可能性があります。そのため、自己破産となりそうだと分かった時点で、早めに手続きをした方が良いです。遺産相続はタイミングがとても難しいため、いつ相続が開始されるのか全く予測が出来ないものです。ですので、手続きは早いに越した事はありません。

     

    自己破産

     

     

    自己破産

    自己破産をするときは、破産者の財産は全て処分されて債権者の返済に充てられるからね!それを見越して、早めに自己破産の手続きをした方がいいよ!遺産があった場合は、それを処分されるからね!

    ぴよぴよ(遺産を差し押さえられる前に、早めに動いた方がいいってことっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 自己破産前後に遺産相続がありそうな場合は、早めに手続きをした方が良い。
  •  

     

    自己破産申立前の遺産相続

    もし、本人が自己破産をするために裁判所へ自己破産申立を行う前に遺産相続があった場合、再度債務整理を検討する事をオススメします。

     

    これは、遺産相続によって相続した遺産の物件によっては、自己破産を回避できる可能性があるためです。仮に不動産関係を相続した場合は、それを売却する事で返済にあてる事も可能となりますし、現金であればそのまま返済にあてる事も出来ます。

     

    自己破産

     

    この際に、相続した遺産がそれ程でも無かった場合でも、気に病む事はありません。専門家や申立の費用にあてる事によって、手元にある程度の金額が残るように調整をする事が出来れば、破産管財人が就く事もなく、相続した遺産を所持したまま自己破産申立とする事も可能となっています。

     

    この辺りは、市や町で無料で開催している弁護士や司法書士に相談が出来る場で聞いてみると良いと思います。

     

     

    自己破産

    自己破産をする前にもう一度よく自分の財産を考え直す時間を設けるべきってことだね!もしかしたら『遺産』という財産が自分にあるのかもしれないから、もしそれがあるなら、それを売却して返済に充てれば、自己破産をしないでも済むことがあるかもしれないよ!

    ぴよぴよ(なるほど、一度身辺整理が必要っすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 遺産相続によって相続した遺産の物件によっては、自己破産を回避できる可能性がある
  • 仮に不動産関係を相続した場合は、それを売却する事で返済にあてる事も可能となるし、現金であればそのまま返済にあてる事も出来る。
  •  

     

    自己破産開始決定後の遺産相続

    自己破産開始決定後に相続した遺産や財産は、破産手続きの中で処理される事はありません。これは遺産や財産だけでなく、これから新たに得る事の出来る財産、全てにおいて適応されます。そのため、遺産相続をする可能性がある場合は専門家などに相談を行い、迅速に対応をすると良いでしょう。

     

    この理由は、破産手続きによる免責決定によって、借金の支払い義務が無くなりますし、相続した遺産、財産はすべて手元に置いておく事が出来るためです。つまり、相続前に全ての自己破産手続きを終えてしまえば、最も良い状態で新たな生活をスタートさせる事が出来る理想に近い状態となるのです。

     

    自己破産は、場合によっては相続の対象となってしまいます。そのため、どうしても自己破産をしないとどうしようもない場合は、早めに自己破産を行った方が賢明です。しかし、場合によっては相続で自己破産を回避できる事も考えられますので、早めに専門家に相談をすると良いでしょう。

     

     

    自己破産

    いざ自己破産をしちゃった後は、借金の支払いの義務がなくなるよ!だからその後に手に入れた財産は、遺産相続であっても破産者のものになるんだね。先に自己破産をしてから遺産相続をすれば、返済に充てる必要なく、自分の遺産として手元に残しておくことができるんだね!

    ぴよぴよ(自己破産や遺産相続は、タイミングが大事ってことっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 破産手続きによる免責決定によって、相続した遺産、財産はすべて手元に置いておく事が出来る。
  • その為、遺産相続をする可能性がある場合は専門家などに相談を行い、迅速に対応をすると良い。
  •  

     

    街角法律相談所 無料借金減額シミュレーター相談申込

     

    街角法律相談所

     

    全国対応。無料相談。匿名相談可能。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

    無料借金減額シミューレーターで全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出し、各社の減額見積もりをサイト上で確認します。

     

    シミューレーター利用者には個々にID/PASSを付与し、マイページにて各事務所とのメッセージのやり取りを含めて自身に最も最適と思われる事務所を選ぶことができます。

     

    エリアに関係なく全国の相談を受け付けており、無料で減額の見積もりを複数社から受け取れるので、サイト訪問者の相談利用は高確率で見込めます。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

     

    岡田法律事務所・債務整理の身近な窓口【弁護士法人:東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)】

     

    岡田法律事務所

     

    全国対応。無料相談。初期費用0円。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

    借金解決は専門家へ。借金返済や債務整理などは一人で悩んでいてもなかなか答えが見つかりません。

     

    法律的にどのような対応できるかは個人ではなかなかわかりません。一人で抱え込むより法律のプロに相談しましょう。メールでお問い合わせが出来ます。返済計画や過払い金の対処など迅速かつ親身に岡田法律事務所では対応致します。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

     

    アルスタ司法書士事務所 債務整理の無料相談窓口【任意整理ステーション】無料

     

    ヤミ金レスキュー

     

    女性専用。全国対応。無料相談。365日24時間相談受付。後払い分割払い可能。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

    既に一案件出させて頂いているウイズユー司法書士事務所が完全女性スタッフ対応の窓口を新しく設置しました。

     

    社会情勢上、生活のために闇金からの借入れをしてしまい悩んでいる女性も少なくありません。そんな女性に特化した闇金窓口が存在していませんが、女性の需要が高い状況です。女性専用というところが安心ですね。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    関連記事

    自己破産

    自己破産の際に弁護士に申告しなかった借金があるとどうなる?

     

    自己破産

    自己破産の審尋って何?免責が下りないのはどういうケース?

     

    自己破産

    自己破産の同時廃止とは?異時廃止とは?破産管財人って?

     

    自己破産

    自己破産をしたら自宅に住める期間はどのくらい?回避する方法は?

     

    自己破産

    自己破産を行った後の生活はどう変わる!?

     

    自己破産

    自己破産をするとクレジットカードが使えるか使えないか

     

    自己破産

    自己破産をした場合の職業として弁護士は可能?その他の職業制限は?

     

     

    お金に関するその他の情報

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP