自己破産のノウハウを自分のものにする

>

 

自己破産後に変わること

 

自己破産

 

 

自己破産よりも個人再生を選択した方が良い5つのケースとは

自己破産

 

任意整理ができないほど多額の債務がある場合、債務の整理方法として、自己破産の申立をする、個人再生の申立をする、という選択肢があるわけですが、どちらが最善なのでしょうか。それは、個人再生の運用に対する評価がさまざまなので、弁護士であってもその選択に迷うところだと言います。

 

 

>>詳細を見る

 

債権者一覧表に書く7つの項目と財産目録に記載する16の事項

自己破産

 

申立直前に持っている『財産目録』として、財産を書いておく必要があります。破産は破産宣告時に存在する財産でもって債務を生産するという制度ですから、宣告時にいったいどれだけの財産があるかを正確に裁判所に届け出なければなりません。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産したことは戸籍や住民票や免許証に載る?官報って何?

自己破産

 

自己破産をしても、その経歴は戸籍や住民票や免許証には載らないが、官報に掲載された上で、破産者の本籍地にある破産者名簿には載ることになります。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産をすると選挙権はなくなる?結婚出産をするのは破産前?後?

自己破産

 

選挙権は国民に与えられた権利ですので、投票も立候補することもできます。従って、自己破産をしても選挙権がなくなることはありません。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産したことを家族や会社に知られない方法+会社を辞めない方法

自己破産

 

これが会社からの借金の場合と、そうじゃない場合とで話は変わってきますよね。会社から借金をしている場合は、自己破産の申立書類に会社の名前を債権者として記入しなければならないので、会社には知られてしまいます。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産すると子供の学校や就職、結婚に影響は?また退職金はどうなる?

自己破産

 

自己破産をすると、自分の周囲にある人間関係にどれだけの迷惑がかかってしまうでしょうか。一つひとつ見ていきましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産すると現在の借家や家財道具は?+持ち家を失わない裏技!

自己破産

 

自己破産したことを原因に、現在借りている家を立ち退かなければならないことはありません。しかし、以前は高い確率で立ち退かなければならない可能性がありました。民法旧621条にこうあったのです。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産すると引っ越しや海外旅行はできない?

自己破産

 

自己破産をすると、引っ越しや海外旅行はできなくなるでしょうか。通常の自己破産の場合(同時廃止事件=本人がほとんど財産を有していないとき)には影響はありません。ただし、管財事件(高額な財産を所有しているとき)の場合は、事前に裁判所の許可が必要となります。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産をすれば(連帯)保証人の責任も無くなる?騙された場合は?

自己破産

 

本人が自己破産の申立をし、最終的に免責許可の決定を受けても、保証人の責任に影響はなく、以前として保証人の責任はなくなりません。保証人の支払い義務はなくならないということになります。この場合は、保証人の方にしっかりと説明し、保証人の方も自己破産またはその他の借金整理を考える必要があります。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産しても自動車を所有できる4つのケース

自己破産

 

自己破産の免責許可が下りれば、ほとんどの債務の支払いが免除されるが、一部の債務(破産法上の非免責権)については例外となる。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産するとで保険を解約しなければならない?携帯電話も解約?

自己破産

 

自己破産をした場合、保険の解約をする必要があるのは、『積立型』のみです。つまり、『掛け捨ての保険』であれば、解約する必要はないということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産すると年金や生活保護はどうなる?銀行は利用できない?

自己破産

 

自己破産の免責許可が下りれば、ほとんどの債務の支払いが免除されるが、一部の債務(破産法上の非免責権)については例外となる。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産ですべての借金が免除になる?今後は一切お金を借りれない?

自己破産

 

自己破産をすると、すべての借金が免除されるということではありません。自己破産の決定、つまり免責決定を受けても支払義務が残る債権があります。このような債権を非免責債権と言います。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産の際に弁護士に申告しなかった借金があるとどうなる?

自己破産

 

自己破産の際、申告しないで債権者名簿に載せなかった業者の借金は免責となりません。どういう理由からその業者を債権者名簿に載せなかったのかはわかりませんが、手続き中であれば、早急に弁護士に報告し、債権者名簿に載せてもらうようにしましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産の審尋って何?免責が下りないのはどういうケース?

自己破産

 

破産、民事再生の手続きでは原則として、『審尋』の為に最低一回は裁判所に出向かなければなりません。審尋とは、『裁判所に出向いて、裁判官や書記官と面談して、質問を受ける』ことを言います。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産の同時廃止とは?異時廃止とは?破産管財人って?

自己破産

 

本来、破産申立人(自己破産をしたいという人)の資産を集め、例えば高級車や高級腕時計などを持っていた場合、それらはお金に変える必要があるわけです。借金を返済しなければなりませんからね。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産をしたら自宅に住める期間はどのくらい?回避する方法は?

自己破産

 

自己破産を行うということは、借金がゼロになるメリットの他に様々なデメリットも存在します。デメリットで一番大きな問題では、長年住んできたあるいは買ったばかりの持ち家となっている一軒家やマンションも手放さなければならなくなります

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産を行った後の生活はどう変わる!?

自己破産

 

自己破産を行った後の生活というのは、自己破産を行う前と何が変わるのでしょうか?自己破産を行った後の生活で気になるのは、海外旅行や携帯電話、賃貸や年金、生命保険や生活保護など様々あるでしょう。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産の方法と自己破産前後の相続について

自己破産

 

自己破産は多重債務の救済処置のひとつで、債務整理の中では最も重い処置です。
もしも家族の中に自己破産となりそうな方がいる場合、どのようにすれば良いか迷う事でしょう。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産をするとクレジットカードが使えるか使えないか

自己破産

 

自己破産をすると、借金が全て無くなる利点はありますが、資産を全て処分しなくてはいけません。そのため、新たな生活を行うためにちょっとした買い物から、家や車までを購入する必要があるかもしれません。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産をした場合の職業として弁護士は可能?その他の職業制限は?

自己破産

 

自己破産をした場合、破産確定後の仕事状況や生活が気になるのではないかと思います。借金が無くなるという利点はとても大きいのですが、それに伴うように欠点もまた多く存在するのです。

 

>>詳細を見る

 

賃貸契約をしている場合、自己破産の際に家賃の滞納があればどうなる?

破産後

 

中小の消費者金融の中には、顧客獲得のために「ブラック貸付可能」などの広告を宣伝しているところもあります。通常は自己破産などで一度ブラックリストに載ると、一定期間クレジットカードなどによる借入が制限されます。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産後に車を所有するためには、低い査定を出してもらうのがポイント?

破産後

 

自己破産をすると、自動車は普通、処分されます。家や高級時計、高級テレビなんかもそうですね。普通に考えて、自己破産をして借金を帳消しにする人が、つまりそれは借金を踏み倒すようなものです。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産者の住居はUR賃貸がおすすめ?契約の仕方と審査基準とは

破産後

 

自己破産をすると不動産を持っていた場合、それを没収されます。家ですね。家などの不動産は、『資産』として数えますから、それらは競売にかけます。それは、オークションみたいなやつですね。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産をすると養育費や慰謝料はどうなる?支払わらなくてもいい?

破産後

 

自己破産をしたからといって、慰謝料・養育費の支払いを拒まれてしまった場合、どうしたらいいでしょうか。確かに、相手に自己破産をされたら、ちょっとそれらの支払いを請求するのは考えてしまいますね。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産によって会社をリストラされることはないが、借金があると…

破産後

 

自己破産によって会社を首になることはありません。それを理由に首にすることは、『不当解雇』に該当します。場合によっては訴えることも検討しましょう。それくらい安全を確保されているということです。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産をしてホームレスになる可能性は?ホームレスが自己破産をすることはできる?

破産後

 

まず、自己破産をしてホームレスになる可能性ですが、ケースバイケースです。もし、持ち家を持っていて自己破産をする場合は、財産を処分してお金に換え、債権者に配当する必要がありますから、持ち家を売ることになります。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産後に必要な心構えはこれしかありません。『誠実さ』です。

破産後

 

自己破産後に必要な心構えは、『誠実さ』です。なんといっても、自己破産をするんですからね。債務整理の中には、任意整理、特定調停、個人再生、過払い請求、自己破産、とありますが、この中で『最後の選択肢』なのが自己破産です。

 

 

>>詳細を見る

 

 

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP