自己破産のノウハウを自分のものにする

> >

 

ソーシャルゲーム課金による自己破産は認められない場合がある?

 

自己破産

ソーシャルゲーム課金による自己破産は認められない?

 

自己破産

ソーシャルゲーム課金を理由とする借金は『浪費』扱いとなり、免責不許可事由として扱われます。しかし、あくまでもそれは原則ですので、裁判官の判断(裁量免責)によって、柔軟に対応される場合があります。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

今やソシャゲは当たり前だね!やっぱりこの世に学生やサラリーマンが大勢いる以上、通勤、通学の時間はこれらのゲームが彼らにとっての娯楽だからね!今回はソシャゲと自己破産について詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

目次

 

  • 1:ソシャゲ課金で借金をするということ
  •  1-1:依存してしまうゲーム
  •  1-2:『iモード』の時代は定額制が基本だった
  •  1-3:『ダイヤルQ2』の失敗で学んだこと

  • 2:ソーシャルゲーム課金を理由とする借金は『浪費』扱い
  • 3:知らずに気づいたら課金されていた場合はどうなる?
  • 4:債務整理は自己破産だけではない
  •  

    自己破産

     

     

    ソシャゲ課金で借金をするということ

     

    ソーシャルゲームで多額の借金を作ってしまう人がいます。その場合、自己破産をすることができるでしょうか。

     

     

    依存してしまうゲーム

     

    ゲームにはまってしまう。これは私も気持ちはわかります。私も一度ゲームをやったらはまってしまい、何時間もやってしまう方です。良く言えばそれだけ集中力があるということであり、没頭できるということですね。

     

    自己破産

     

    しかし悪く言えば、『依存型』であると言えます。ゲームに没入し過ぎて、現実を忘れてしまう。だからこそ、現実にある『時間』を忘れてしまったり、あるいは『責務』を忘れてしまったりする。

     

    そして、この件で言えば、『気づいたら多額の課金をしてしまっていた』ということになるわけですね。私はこの課金制には手を出していません。そうなる前に勉強が出来たということも影響しているかもしれません。

     

     

    『iモード』の時代は定額制が基本だった

     

    私の場合、10代は『iモード』でした。ですから、スマホのアプリやソーシャルゲームで課金していく、というモデルの前に、『月額利用料金』という段階で、お金の計算ができるようになったんですね。

     

    自己破産

     

    例えば、毎月300円くらいの定額制の携帯サイトに、10個ほど登録します。

     

  • 300×10=3,000円
  •  

    3,000円が余分に支払われているわけです。しかし、私の中では別に余分なお金だと思っていないわけです。自分の趣味・娯楽のために使っているわけだから、ある人が洋服や美容にお金を使うのと同じように、当然の支出だと思っていました。

     

    しかし、さすがに10サイト以上に登録するとなると、

    これはちょっと登録し過ぎだよな。整理しよう。

     

    などとして、毎月の支払いを見て冷静になれたのです。そして、気づけば大体3,000円くらいに収まるように調整できるようになっていて、そのうち、そのお金も全部無駄だと思うようになってきました。これは単純に、

     

  • 飽きてきた
  • 大人になった
  •  

    ということが理由ですね。そういった流れの中で、例えば、『夢中になって何万円分も課金した』という経験をすることはありませんでした。課金制のサイトがあまりなかったのか、そうやって、数千円で済むことがほとんどだったわけですね。

     

     

    『ダイヤルQ2』の失敗で学んだこと

     

    しかし、今書いていて思い出しましたが、もしかしたらさらにさかのぼって中学生の頃、『ダイヤルQ2』に電話をして、高額料金の請求が来たという事件が、影響しているかもしれません。

     

    その頃、そうした電話に電話をすれば、エロ電話が出来るという、エロ動画の『声だけバージョン』のようなものがあり、私は公衆電話やいろいろなところで、いたずら的によくそうしたところに電話をしていました。

     

    ある日、何も考えていなかった私は、実家の電話からそこに電話をしてしまいました。そしてその一か月後、『1万円ほど』の料金の請求がきて、両親にこっぴどく怒られてしまったのです。

     

    自己破産

     

    あの時は、とても悔しく、同時に恥を覚えたのを覚えています。

     

    お前が払えよ!

     

    と言われて、その責任を果たせないことにも憤りを覚えました。いろいろな感情に支配され、強く記憶の中に根付いてしまいました。

     

    こうして考えてみると、私は携帯サイトで勉強をしたというよりも、ダイヤルQ2の件で『懲りた』と言った方が正しいかもしれませんね。あれも『気づいたら高額になっていた』ということで、課金制度に似たようなシステムになっていますから、私の中で、こうした課金制についての免疫がついて、同じ轍は踏まないとして、人一倍警戒するようになったのかもしれません。

     

    世の中には、ソーシャルゲームで数十万、数百万の借金を作ってしまう方もいます。廃課金(はいかきん)と呼ばれていて、ゲームに高額な課金をしてしまうんですね。それは、私のような『経験』がないからなのかもしれませんね。

     

     

    自己破産

    やっぱり定額制の頃と違って『リミットレス』なところがあるから、限界を超えて廃課金になりがちってところがデメリットだよね!まあ、そうやって夢中にさせるように仕向けてるゲーム会社にも問題はあるけど!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • ゲームには依存性がある。
  • 廃課金とはソーシャルゲームで数巡万、数百万の借金を作ってしまうこと。
  • 人間は失敗の経験がないと、ストッパーがかからない。
  •  

     

    ソーシャルゲーム課金を理由とする借金は『浪費』扱い

     

    では、ソーシャルゲームで作った借金を理由に、自己破産をすることができるでしょうか。実は、ソーシャルゲーム課金を理由とする借金では、自己破産が許可されないことがあるので注意が必要です。

     

    自己破産

     

    破産法252条1項4号にはこうあります。

    裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

     

    四 浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。※破産法(第二百五十二条)

     

    つまり、『いずれにも該当しない場合』ですから、この4号に該当してしまってはいけません。しかし、これらソシャゲの料金というのは、『浪費』に該当する可能性があるんですね。

     

    自己破産

     

    また、レアなアイテムを手に入れる手段である『ガチャ』というものがありますが、これはそのまま『ギャンブル』だという見方もできます。ここで言う『賭博その他の射幸行為』ですよね。そういった解釈をされても文句は言えませんね。

     

    そう判断されてしまうと、免責不許可事由、つまり、自己破産が許可されない理由に該当してしまう可能性があるんですね。

     

    債務整理の無料相談はこちら

     

     

    自己破産

    浪費や賭博は自己破産の免責不許可事由だから、基本的には認められないね!ただ、原則はそうだけど、実際には裁判官の裁量免責によって、つまり裁判官のその場の判断によって、免除されることがあるよ!

    ぴよぴよ(そういう場合がほとんどっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • ソーシャルゲーム課金を理由とする借金では、自己破産が許可されないことがある。
  •  

     

    知らずに気づいたら課金されていた場合はどうなる?

     

    もちろん、ケースバイケースです。中には、『本当に知らずに、気づいたら課金されていた』というケースもありますから、それがとてつもなく高額だった場合は、『おそらく本当だろう』と判断されて、自己破産は許可される場合があります。とういか、支払い自体が免除になるということがあります。

     

    例えばあるニュースにこういうものがありました。

    中2の息子が親のクレジットカードを勝手に使ったが、携帯ゲーム機がインターネットにつながるとは知らなかった。『オンラインゲーム利用料として20万円超の請求があったが、小学生の息子は『無料で遊んだつもりだった』と言っている。

     

    自己破産

     

    これは実際にあった話です。そして、こういったケースでは、話し合いをすれば支払い自体が免除になるということがあります。『ゲーム課金』ということがまだ黎明期ですからね。

     

    黎明期(れいめいき)

    新しい文化・時代 などが始まろうとする時期。

     

    黎明期にはこういったトラブルがあって当たり前ですから、柔軟性のある対応をされることが多いですね。しかし、明らかに『常識的であるはず』と認識される場合は、こういった場合でも『言い訳にならない』と判断されるでしょう。これらは全て、ケースバイケースですね。

     

    また、浪費や賭博行為をしていても、実際には裁判官の『裁量免責』によって自己破産が許可される場合もあります。反省しているかいないかが問われますね。

     

     

    自己破産

    こういう風に、『知らぬ間に罠に引っかかってしまった』ようなケースが結構あるね!だけどその場合はゲーム会社は、悪く言えば(ちっ、お前を標的に罠を仕掛けたんじゃないんだよ!シッシッ!)ってことなんだろうね!

    ぴよぴよ(まあ、悪く言えばそうっすね)!

    罠を仕掛けたことは事実だからね!そうすると、『払えるターゲットには払わせる』つもりだったんだから。そうすると、会社側には策略があり、ないなら自動的に制限をかければいいんだからね!

    ぴよぴよ(た、たしかに)!

     

     

    この章のまとめ
  • 知らずに気づいたら課金されていた場合は、支払い自体が免除になるということがある。
  •  

    債務整理は自己破産だけではない

     

    自己破産が出来なくても、自己破産以外にも債務整理の選択肢はあります。債務整理は、

     

  • 任意整理
  • 民事再生(個人再生)
  • 特定調停
  • 過払い金請求
  • 自己破産
  •  

    自己破産

     

    とありますから、その他の債務整理の方法を考えてみてからにした方がいいでしょう。そしてこれらを通して『勉強』し、免疫をつけてください。もう二度とやらなくなるようになります。どっちみち、これらの債務整理をする羽目になるのであれば、それは大変な経験をすることになるわけですから、私と同じように『懲りる』人がほとんどでしょうけそね。

     

     

    自己破産

    失敗は買ってでもしろって言うからね!それくらい若い頃の失敗は貴重な経験で、その時に多少のお金を払っても、後でその経験がとんでもない資産を生む、あるいは『資産を長期的に守る』知性に繋がるかもしれないわけだから!

    ぴよぴよ(恩恵は計り知れないっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 債務整理は自己破産だけではない。
  • 一度失敗すればそれが糧となる。
  •  

     

     

    街角法律相談所 無料借金減額シミュレーター相談申込

     

    街角法律相談所

     

    全国対応。無料相談。匿名相談可能。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

    無料借金減額シミューレーターで全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出し、各社の減額見積もりをサイト上で確認します。

     

    シミューレーター利用者には個々にID/PASSを付与し、マイページにて各事務所とのメッセージのやり取りを含めて自身に最も最適と思われる事務所を選ぶことができます。

     

    エリアに関係なく全国の相談を受け付けており、無料で減額の見積もりを複数社から受け取れるので、サイト訪問者の相談利用は高確率で見込めます。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

     

    岡田法律事務所・債務整理の身近な窓口【弁護士法人:東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)】

     

    岡田法律事務所

     

    全国対応。無料相談。初期費用0円。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

    借金解決は専門家へ。借金返済や債務整理などは一人で悩んでいてもなかなか答えが見つかりません。

     

    法律的にどのような対応できるかは個人ではなかなかわかりません。一人で抱え込むより法律のプロに相談しましょう。メールでお問い合わせが出来ます。返済計画や過払い金の対処など迅速かつ親身に岡田法律事務所では対応致します。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

     

    アルスタ司法書士事務所 債務整理の無料相談窓口【任意整理ステーション】無料

     

    ヤミ金レスキュー

     

    女性専用。全国対応。無料相談。365日24時間相談受付。後払い分割払い可能。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

    既に一案件出させて頂いているウイズユー司法書士事務所が完全女性スタッフ対応の窓口を新しく設置しました。

     

    社会情勢上、生活のために闇金からの借入れをしてしまい悩んでいる女性も少なくありません。そんな女性に特化した闇金窓口が存在していませんが、女性の需要が高い状況です。女性専用というところが安心ですね。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    関連記事

    原因

    不動産投資に失敗して自己破産をする人は、これを機に人生の『生き方』を再考せよ!

     

    原因

    総量規制によって自己破産者は防げる?総量規制が自己破産の原因?

     

    原因

    高額セミナーで失敗し、借金を自己破産をしてしまう人へ

     

    原因

    アフィリエイト詐欺に遭って自己破産をする人が続出!?悪徳業者の手口とは

     

    原因

    高額な医療費が原因で自己破産をした場合、免責許可を受けられる?

     

    ↑ PAGE TOP