自己破産のノウハウを自分のものにする

> >

 

外国人でも自己破産は可能?注意点や、ビザ等への影響について

 

自己破産

外国人でも自己破産は可能?

 

自己破産

答えは、Yesです。

 

日本人と同じように自己破産をすることが可能です。また、自己破産によって在留資格や滞在ビザが剥奪されることはありません。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

外国人だと、色々な規制がかかるのが普通だからね!差別じゃなくて、これは日本人が海外に行っても同じことだからね!全く国っていうのは面倒だね!外国人と自己破産について詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

目次

 

  • 1:外国人が自己破産をする際には、いくつかのポイントがある
  •  1-1:在留外国人は日本に戸籍がないので戸籍謄本を提出する必要はない
  •  1-2:外国(本国)にある預貯金や不動産等は財産となり、差押えや処分の対象となる
  •  1-3:自己破産によって在留資格や滞在ビザが剥奪されることはない
  •  1-4:外国に住んでいる場合でも、『債権者一覧表』にその人物を記載する必要がある

  •  

    自己破産

     

     

    外国人が自己破産をする際には、いくつかのポイントがある

     

    在日外国人、というとなんか印象が悪い気がしますが、別に言葉自体に間違いはないわけす。意味は『日本に住む外国人』のことですからね。しかし、『日本に住んでいる外国人』の方が、何の誤解もなくとげのない言い方になりますね。全く妙な話です。

     

    さて、ではそんな在日外国人の人がこの日本で自己破産をしようと思った時、それは実行できるのでしょうか。

     

    答えは、Yesです。

     

    自己破産

     

    日本人と同じように自己破産をすることが可能です。

     

    破産法3条にはこうあります。

    外国人又は外国法人は、破産手続、第十二章第一節の規定による免責手続(以下「免責手続」という。)及び同章第二節の規定による復権の手続(以下この章において「破産手続等」と総称する。)に関し、日本人又は日本法人と同一の地位を有する。』※破産法(第三条)

     

    つまり、日本人と同じ扱いということですね。

     

    自己破産

     

    その際、外国人が自己破産をする際には、チェックポイントがいくつかあります。

     

    自己破産

     

    ポイント
  • 在留外国人は日本に戸籍がないので戸籍謄本を提出する必要はない
  • 日本で自己破産をする場合でも、外国(本国)にある預貯金や不動産等は財産となり、差押えや処分の対象となる
  • 自己破産によって在留資格や滞在ビザが剥奪されることはない
  • 外国に住んでいる人に債務がある場合は、破産申立てを行う際に提出する『債権者一覧表』にその人物を記載する必要がある
  •  

     

    ニワトリ

    外国人だろうと関係なく自己破産は行えるんだね!だけど、外国人が自己破産をするとなると注意点やチェックポイントがいくつかあるから、それを見ていこう!

    ぴよ(ふむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 外国人も日本人と同じように自己破産をすることが可能。
  •  

     

    在留外国人は日本に戸籍がないので戸籍謄本を提出する必要はない

     

    平成24年7月以降は、外国人でも住民票が作成できるようになりましたので、戸籍謄本の代わりに住民票を提出すればOKです。

     

    自己破産

     

    しかし、外国人で住民票が取得する為には以下の条件を押さえておく必要があります。

     

  • 中長期在留者(在留期間が3カ月を超える方)
  • 入管特例法でさだめられた特別永住者
  • 出生または日本国籍の喪失から60日以内の方
  •  

    つまり、この条件に一致しない人、つまり住民票が得られないような状況にある人は、自己破産をすることは難しいと言えそうです。それもそのはず、

     

    なんで日本にきてそんなにすぐに自己破産をすることになるんだ。

     

    ということですから、冷静に考えればこれは当たり前ですね。つまり、『在日外国人』とすることが必要だったわけです。『住んでいる』必要がある。つまり、旅行者レベルでは『在日外国人』とは言わないので、そう言う必要があったんですね。

     

    自己破産

     

     

    日本で自己破産をする場合でも、外国(本国)にある預貯金や不動産等は財産となり、差押えや処分の対象となる

     

    また、日本で自己破産をしても、本国に財産がある場合は、それは処分の対象となるわけです。

     

    破産法第34条にはこうあります。

    『破産者が破産手続開始の時において有する一切の財産(日本国内にあるかどうかを問わない。)は、破産財団とする。』※破産法(第三十四条)

     

    やはり、それが出来ないとなると、悪だくみをする人も出てきてしまうわけです。日本で散々借金をして、自己破産し、しかし実際には本国に大量の財産があり、それを処分することなく日本での破産がまかり通れば、大げさに言うと他国で犯罪をし、自国に戻ったら『治外法権だ』と言っているようなものです。

     

    まあこれはちょっと大げさに言いました。しかし実際には、

     

    いくら日本で社会的制裁を7年間受けるといっても、国に帰って二度と戻らなければ別に何の支障もないからな!反省したふりをして、たっぷり借金をして贅沢三昧だ!踏み倒す借金の相手だって、どうだっていいぜ!

    自己破産

     

    ということがまかり通ったら、これは理不尽ですからね。そういうことが言いたいわけです。そういうことがないようにしたいわけですね。破産をするということは『支払い不能』の権利を主張するということでもあるわけですから、本人はいいけど、お金を貸した側からすれば、貸したお金をその人にもう請求できなくなるわけですからね。

     

     

    自己破産によって在留資格や滞在ビザが剥奪されることはない

     

    また、自己破産によって在留資格や滞在ビザが剥奪されることはない、ということですが、これを心配する外国人がよくいるようです。しかし、そういうことはないわけなので、心配する必要はないとうことです。

     

     

    外国に住んでいる人に債務がある場合は、破産申立てを行う際に提出する『債権者一覧表』にその人物を記載する必要がある

     

    また、外国に住んでいる人に債務がある場合は、破産申立てを行う際に提出する『債権者一覧表』にその人物を記載する必要がある、ということですが、もしそういうことが当てはまるのであれば、やはり国内の件だけで進める手続きよりも、複雑、かつ長期化してしまうことがあります。

     

    また、複雑、かつ長期化ということで言えば、日本で自己破産の申請を行う前に、本国、あるいは外国でも自己破産、あるいは自己破産のような手続きを進めていた場合、その破産申請を行った外国での申請との調整を行う必要があり、それが手続きを複雑、かつ長期化させることになります。

     

    自己破産

     

    日本人も、外国によってはそれだけで怪訝な顔をされることもありますし、アラブ系の人などはもっと不便な思いをしていますからね。言語の違いもさることながら、外国人というだけで、話は複雑、かつ長期化してしまうのは、この先まだまだ数百年は続くかもしれません。

     

    いずれ国境がなくなり、言語も統一、あるいは翻訳が極めて容易になる、等の革命的な変化・進化が起きれば、もっと全てのことがスムーズになるかもしれません。

     

    債権者一覧表に書く7つの項目と財産目録に記載する16の事項

     

     

    自己破産

    国境や言語の違いは、あっていいのか悪いのか!百歩譲って宗教の違いはあっていいとしても、それって本当は必要ないよね!実際には宗教の違いも、戦争やテロの原因になってる!

    ぴよぴよ(親分はまた深いことを考えてるっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 在留外国人は日本に戸籍がないので戸籍謄本を提出する必要はない。
  • 日本で自己破産をする場合でも、外国(本国)にある預貯金や不動産等は財産となり、差押えや処分の対象となる。
  • 自己破産によって在留資格や滞在ビザが剥奪されることはない。
  • 外国に住んでいる人に債務がある場合は、破産申立てを行う際に提出する『債権者一覧表』にその人物を記載する必要がある。
  •  

     

     

    街角法律相談所 無料借金減額シミュレーター相談申込

     

    街角法律相談所

     

    全国対応。無料相談。匿名相談可能。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

    無料借金減額シミューレーターで全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出し、各社の減額見積もりをサイト上で確認します。

     

    シミューレーター利用者には個々にID/PASSを付与し、マイページにて各事務所とのメッセージのやり取りを含めて自身に最も最適と思われる事務所を選ぶことができます。

     

    エリアに関係なく全国の相談を受け付けており、無料で減額の見積もりを複数社から受け取れるので、サイト訪問者の相談利用は高確率で見込めます。

     

    街角法律相談所公式サイトはこちら

     

     

    岡田法律事務所・債務整理の身近な窓口【弁護士法人:東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)】

     

    岡田法律事務所

     

    全国対応。無料相談。初期費用0円。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

    借金解決は専門家へ。借金返済や債務整理などは一人で悩んでいてもなかなか答えが見つかりません。

     

    法律的にどのような対応できるかは個人ではなかなかわかりません。一人で抱え込むより法律のプロに相談しましょう。メールでお問い合わせが出来ます。返済計画や過払い金の対処など迅速かつ親身に岡田法律事務所では対応致します。

     

    東京ロータス法律事務所公式サイトはこちら

     

     

    アルスタ司法書士事務所 債務整理の無料相談窓口【任意整理ステーション】無料

     

    ヤミ金レスキュー

     

    女性専用。全国対応。無料相談。365日24時間相談受付。後払い分割払い可能。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

    既に一案件出させて頂いているウイズユー司法書士事務所が完全女性スタッフ対応の窓口を新しく設置しました。

     

    社会情勢上、生活のために闇金からの借入れをしてしまい悩んでいる女性も少なくありません。そんな女性に特化した闇金窓口が存在していませんが、女性の需要が高い状況です。女性専用というところが安心ですね。

     

    アルスタ司法書士事務所公式サイトはこちら

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    関連記事

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    関連記事

    影響

    公務員が自己破産をすると、その後どんな影響がある?

     

    影響

    事業に失敗して自己破産をしたら、再起・復活することはもうできない?

     

    影響

    自己破産前後の給料・賞与・ボーナス差し押さえについて解説!

     

    影響

    自己破産が原因で会社をクビになる可能性はある?

     

    影響

    自営業者や個人事業主が自己破産後に事業を継続していくことはできる?

     

     

    ↑ PAGE TOP